バルト三国弾丸一人旅①【リトアニア編1日目】~トゥラカイで美男美女に出逢った~


バルト三国(リトアニア・ラトビア・エストニア)を実質3.5日間で巡ってきました!

バルト三国に決めたきっかけは 美女が多い バルト海に面した美しい街並み!

正直、仕事が忙しくて出発ギリギリまで行けるか分からなかったのですが、なんとか行ってこられました。

最近はプライド男祭り的な国ばかり行っていたので、久々のヨーロッパです!ちゃんと観光できるか心配。

・・・でもおかしいな。
6年前にバルセロナから帰る途中

ヨーロッパに次来るのは新婚旅行の時かな~❤

なんて呑気に思っていたはずなのに、今回もまた安定の一人旅なのはどういう事かな?(爆)

ゴホン。

今回の旅行記は国ごと4部に分けてみました~。

①7月20日 ビリニュス・トゥラカイ(リトアニア)

②7月21日 ビリニュス・カウナス(リトアニア)

③7月22日 リーガ(ラトビア)

④7月23日 タリン(エストニア)

≪ルート詳細≫

7月20日(水)NH203 羽田0:50→6:00フランクフルト
LH886  フランクフルト10:30→13:30ビリニュス

7月22日(金)ビリニュス→リーガ(Luxエクスプレス)

7月23日(土)リーガ→タリン(Luxエクスプレス)

7月24日(日)LH885  タリン6:30→8:00フランクフルト
NH204 フランクフルト12:10→6:35羽田(+1)

羽田空港国際線ターミナルです。
日付変わって0時50分のANA203便でフランクフルト経由でリトアニアのビリニュスへ行きます。

9連勤を終えて職場から直行です。
むしろ、このままあの世へ旅立ってしまいそうです。

ANAラウンジのシャワーは30人待ち!
仕方ないのでソワソワしながらダラダラします。
やっぱラウンジではコーラとうまい棒でしょ(爆)

シャワーも搭乗開始時刻ギリギリまで粘ってなんとかセーフ。
これでサッパリして出発できる!

今回の席はエコの41H。
プレミアムエコノミーも空いていたんですが、今回は敢えて3列横並びで空席だったこの席を選びました!

予定より早くフランクフルトに到着しました!
この空港も6年ぶりです。

では、早速ルフトハンザのラウンジで朝のシャワーを浴びます(しずかちゃんか)

まったりHave a breakしていると突然仕事の連絡が・・・。

「お疲れさまです。明日○○で欠員が出ました。どうすれば良いですか?」

本当にお疲れさまだよ(笑)

4時間ほどの乗継でいよいよリトアニアへ向かいます。

搭乗を待っていると、一人の男がカウンターから屈強なポリツァイ(警察)に強制連行されていきました(@_@)

そう言えば数日前にドイツのデュッセルドルフでオノ男が現れたばかり。
空港でも厳重な警戒態勢が敷かれているに違いない。

せっかく久々のヨーロッパ旅行に来てオノ男になんて遭遇したくない。

おのののかになら遭遇したい。

時間が来て搭乗。ゲートで搭乗券を読ませるとまさかのエラー!

スタッフ「あなたは今日ビジネスクラスよ♪」

あざーーす!!(゚∀゚)

ルフトハンザのインボラは初めてだったので超興奮!
さっきラウンジでなんちゃってビジネスマンを装っていたお陰だろう(違う)

あれ・・・でも、なんか想像してたビジネスクラスと違うな。

前方座席の3人掛けで、真ん中のシートだけ人が来ないような設定っぽい。
A321だし、当たり前か。

それにしても・・・狭い!

一応エコとは区切られてるけど

降り向けばエコがいる。

でもデザート的なのはしっかり出てきました。
彩り豊かですね。

このクロワッサン鬼ウマ!

・・・はっ!
ルフトハンザでのドリンクサービスといえば昔

「コーラビッテ」

と、わざわざ気取ってドイツ語で頼んだばかりに通じず
「ミネラルウォーター」
を誤発注してしまうという大惨事が起こった苦い思い出がある。
これはリベンジするしかない。7年越しの思い、受け取ってくれイケメンパーサー!

パ「Would you like something to drink?」

俺「Cola Bitte!」

祝━(゚∀゚)━!

コーラビッテ~!

そもそも「コーラ」の部分だけ伝われば問題ないような気がするが無視する事とする。

2時間半ほどのフライトでリトアニアのビリニュス空港に着きました(^^)

のどかな空港ですねー。

空港っぽくない建物です。

ここから市内までは色々と交通手段がありますが…

なんだか

「鉄道に乗れ」

ってどこかからか無言のプレッシャーを感じたので鉄道で!

空港から歩いて五分もかからない所に駅がありました。

なんだか可愛らしい車両が登場!
盛り上がってきましたよー。

切符は車内でオバちゃんが回ってきてくれて購入できますのでご安心を。

0.7ユーロで激安。

あっと言う間にビリニュス駅です。

空港から市内が近くて便利ですねー。

地図でホテルの位置を確認していると、例の如く怪しいオッサン登場。

オッサン「こんにちわー 1分だけ時間もらえませんか?」

長旅で疲れてるのでオッサンの相手などしているヒマは無し。
なので徐ろにスマホを取り出し

「あ、オレだけどオレオレ」

あたかも日本に国際電話をかけているかのような三文芝居で逃亡した。

本日のホテルはコチラ。「Reformatai Park Hotel」

駅から20分ほど歩きますが静かで良いホテルです(スタッフが美女だったからとかそういう理由ではない)

なぜか歯医者のマークがあって入り口が分かりにくかったです。

アパートみたいな構造でしたが中は結構オシャレ。

まだお昼過ぎなので、ちょっと郊外に行ってみましょう。

トロリーバスがいい味出してますねー( ´ ▽ ` )

ビリニュス駅前のバスターミナル。
国内線・国際線問わず沢山のバスが発着しています。

待合所。ここのカウンターでチケットを買います。

ビリニュスからバスで40分ほどのトゥラカイに行ってみようと思います。

念のため、停まっていたバスの運ちゃんに

「このバスはトゥラカイに行きますか?」

と聞いたら

運「……ノー。」

ぶっきらぼうに返事をされる。
あれー?行き先の番号は合ってるんだけどな…。

よく分からずウロウロしていると
さっきのぶっきらぼうな運ちゃんがわざわざ降りてきて

「このバスだよ」

と教えてくれました(@_@)

どうやらトゥラカイ行きのバスは他にも乗り場があったようで。

運ちゃんのツンデレっぷりに早速リトアニア人の優しさを感じました。
良い旅になりそう(^^)

のんびりバスの旅。大きなテレビ塔が見えます。

トゥラカイに着きました。

特にアナウンスもないのでご注意を。

トットリサキュウ・・・すみません綺麗すぎて噛んじゃいました。

トトリシュキュウ湖。

湖畔に沿って2kmほど歩いてトゥラカイ城を目指します。

ちょっと眠いけど気持ちよい。

おー!湖に浮かぶトゥラカイ城です!

ホントにドラクエの世界!

自分はFF派ですけど。

お土産屋さんやカフェもたくさんあります。

せっかくなので入城。

へー。

ギロチンや。

楽しそうに首挟んどるな(笑)

さすがに一人ギロチンは虚しすぎるのでやめました(爆)

上から見るとすごい事になってますねー。

ハーブティー屋のお嬢さん。

噂には聞いていたけどバルト三国は本当に美男美女が多い!

リトアニア、レベル高すぎる。

かたや俺は惑星ベジータから来たサイヤ人のシーモヤ。

歩き疲れたので湖畔のカフェで。

トゥラカイの郷土料理「キビナイ」を注文してみました!

ビーフやチキンなど、中身は選べます。これはビーフ。

サクサク・アツアツのパイ生地!
美味しい!またぜひ食したいです。

食後はちょっとブラブラ。

カラフルな家がオシャレ。

バスターミナルへ戻る途中、出会った女の子が

「ハロー!」

キミ、天使か!?(´Д`)

乗っていたキックボードをほっぽり倒してまでポーズを取ってくれたのに
なぜもっと上手く撮ってあげられなかったのか・・・。

キックボードを戻してあげると

「ありがとう!」

ちょっとオジサンがアイス買ってあげるからついておいで(爆)

ビリニュスへ帰ります。
バスは頻発しているので安心です。

バスターミナルの近くの売店にいたイケメン予備軍の男子たち。

俺みたいなオッサンでもキュン死するこの破壊力・・・。

リトアニア、本当にクオリティ高すぎだろ(笑)

ビリニュス市内に戻ってリトアニア1日目は大満足で終了。
来るまで大変だったけど楽しかったー。ホテルに早めに帰ってゆっくりします。

リトアニア2日目は明日は杉原千畝で有名なカウナスへ行きます!

続く


コメントを残す