旅行記 ヨーロッパ 海外旅行 ラトビア

バルト三国弾丸一人旅③【ラトビア編】~運河とやっぱり美女の街リガ~ 

22日早朝にビリニュスを出発しラトビア・リーガまで。

実質半日でしたがコンパクトな街で十分楽しめました~。

<旅程>

7月20日(水)NH203 羽田0:50→6:00 フランクフルト LH886  フランクフルト10:30→13:30ビリニュス

7月22日(金)ビリニュス→リーガ(Luxエクスプレス)

7月23日(土)リーガ→タリン(Luxエクスプレス)

7月24日(日)LH885  タリン6:30→8:00フランクフルト NH204 フランクフルト12:10→6:35羽田(+1)

今日はリトアニアを後にしてラトビアへ向かいます!
出発は昨日も利用したビリニュス駅近くのバスターミナル19番乗り場です。

バルト三国は国同士の鉄道網があまり発展していないようで、必然的に移動手段は
バスになりました。アリンコ号と勝手に命名。

今回利用したのは「Lux Express」
結構有名なバス会社みたいです。日本から予約しましたが、ビリニュス~リガが18ユーロです(もっと早く予約すればさらにお安いチケットもあるみたい。

なななんと、このバス!無料のコーヒーサーバーとトイレも付いてます!長時間の移動でも安心ですね(^^)

席もそこそこ広くて快適です~。快適にラトビアのリーガを目指しまーす。

ビリニュスは生憎の大雨。
でも天気予報だと目的地リーガは曇りのち晴れ。

ま、大丈夫だろ晴れ男!

おぅおぅおぅ。

バスの中、女に寄り添って寝ている男がいたんですよ~。

なぁにぃ!?やっちまったなぁ!!

男は黙って エア添い寝!!

ビリニュスを出てしばらくすると晴れ間が!

見たか~( `ー´)

のどかー。途中、いきなりアナウンスで

「Latvijas Border」

え?もう国境越えたの??感動薄~!

いよいよリーガの街が近づいてきました。

運河の街ですねー!

お昼前にリガのバスターミナルに到着!

あー良く添い寝した。

リガのバスターミナル。中心部までは十分歩ける距離。

スーツケースが重い・・・(笑)

遅めの朝ごはん。バスターミナル近くの売店で買ったホットドッグ。

こんがりアツアツウマー(・∀・)

まだちょっと早いですがダメ元でチェックインできないかホテルに聞いてみます。弾丸でひたすら動き続ける旅は、とにかくスーツケースが重くて大変(^_^;)

スタッフの方に快くアーリーチェックインをさせていただきました!

んふふ。実はリーガの街ではどうしても行ってみたいところがあったのです。
むしろそのためにリガに来たと言っても過言ではありません!

その名も

「日本語文化研究所」

日本や日本の文化を愛するラトビア人たちが集まって学ぶ施設で、ネットの情報や某ガイドブックにも

‘飛び入りでも気軽に見学ができ、一緒に百人一首などが楽しめる’

と書いてあった。

これは異文化コミュニケーションしたがりの俺(大半がジェスチャーと胡散臭い笑顔)にとって激アツスポットだな。
今、日本で旬の話題なんかも教えてあげよう(^_^)/

ガイドブックの地図を参考に早速行ってみる。
住所も通りの名前もバッチリ。ここに違いない。

ビルの受付のオジサンにガイドブックを見せて

俺「このジャパニーズスクールを知っていますか?」

オ「確かにここの住所で間違いないが、そんなものは聞いたことがないよ?
他を当たってくれ。役に立てなくてごめんな」

あんれー??

埒が明かないので思い切って電話してみよう。

学校「モシモシ」

俺「こんにちは。私は日本人で、今リーガに来ているんですけど、そちらの見学はできますか?」

学校「ワタシタチハ ガッコウデス ハクブツカン ビジュツカン デハナイ
アソビデハナイ ナゼキタイノカ? ドウシテモ キタイナラ 1カゲツマエニ モクテキヲ クワシク・・・(以下都合により割愛)」

・・・もう日本に帰って良かとですか(号泣)

ぐすんぐすん・・・。

傷心のモヤシは公園でメガネを涙で濡らします。

嗚呼、僕は一体この先どうしたらいいの?何を励みにリガにいれば良いの?

教えてお爺さん、教えてアルムのもみの木よ。

公園で佇む。
みんな楽しく遊んでいるね。
日本産のモヤシなど目にも映らないかのようだ。

・・・ん??

・・・・・。

ちょっと1つもらおうか(キリッ)

いやあ、ラトビアって、本当に良い国ですねー(オイ)

ゴホン・・・。
えーとラトビアには何しに来たんだっけ?

・・・・おやおや?

ちょっとラトビアに住民票移そうか・・・(猛爆)

う~ん、なんて素敵な国なんだラトビア。

さぁ!旧市街の散歩に出かけよう!

‘空は青く~澄み渡り~海をめ~ざして歩く~♪’

運河が所々流れていて、風景に良いアクセントを加えてます。

どこの国にもハトおじさんっているんですね(笑)

おや、今日が結婚式ですか?!

「オメデトー!コッチ向いてー!」

新郎さんの笑顔いただきやー(^^)

お幸せに~。

そして「俺も俺も」と記念撮影に写りたがる空気の読めないハト集団(爆)

邪魔なハトじゃのぅ!!」

親戚の方が一蹴(笑) バササっ!

「ワシのハト達が~(泣)」

ハトおじさん涙目。

旧市街を散策してみます。

国立オペラ座。

リーガはビリニュスに比べてとっても都会です。

火薬塔。

リーヴ広場。

活気があってこっちまで楽しくなる。

リガの街もいいですね(^^)

聖ペトラ教会の展望台からの眺め。

教会ではエレベーターで72mの高さまで上がれます。

10分おきに運転と書いてありましたが、実際には5~6分間隔?

おー。曇ってはいますがとても良い景色ですね!

爽快なり。

家がやっぱりかわいらしい。

教会の裏にはブレーメンの音楽隊。

若干みんなブサイクなのは気のせいか・・・(笑)

通称「猫の家」

望遠レンズを持っていなかったので小さいですが街のシンボルです。

詳しいことはwikiるかググってくださいw

通称「三人兄弟」

なにがどう三人兄弟なのかは分からなかった(笑)

散歩が楽しいんですよね~。

これテレビで見たことある!

むっさい男たちが楽しそうに漕いでました(爆)

「パウルス ストゥラディンシュ医療史博物館」

太古の昔から現代の最新医学まで網羅できる結構面白い博物館です。

これは医療と言えるのかw

見てるだけでえずきそうです(吐)

でも将来絶対やりたくないのはブロンコ(気管支鏡検査)。

そうそう、オリンパス社の内視鏡コーナーもありました。
大腸のポリープを焼き切る映像とかあって結構本格的。
ちょっとグロいので載せませんから安心してください。

昔のレントゲン装置。

すっげー。

昔の薬局。

マネキンが不気味すぎるぞ(笑)

昔の歯医者さん。

どう見てもこれから始まるのは激しい拷問ww

こういうの嫌いじゃありません(笑)

皆さんも夜に一人で行ってみてください(´_ゝ`)

お昼は安定のイタリアン。

定番のボロネーゼ。

味ウッス!

お土産屋さん。

さすがネコ推しなんですね。

さっきから動物たちの顔なんとかならんのかwww

時間があれば遊覧ボートも良いですね。

リガ最後はスイーツでも食べましょか!

有名なオシャレカフェ。

キャー(≧∇≦)♪♪

す~☆て~☆き~~☆☆

あたしフルーツのなんちゃらにする~(*^^*)

キャピキャピごっこも飽きたので静かに美味しくいただきます。

こんな雰囲気のテラス席でお茶だなんて、なんて贅沢なんだろう。

今度誰か一緒に来てくれませんか(爆)

こんな珍客も(^^)

ラトビアのスズメは日本よりほんのすこし人懐こい印象でした。

さてさてそろそろホテルに戻らないと。
明るいですがもう遅い時間で、明日も苦手な早起きしないといけないので寝ます。

リーガの街は実質半日しかいませんでしたが、やはりコンパクトなので十分歩いて回れました!

都会だけれどどこか温かみのある街。とっても気に入りました。

明日は最終目的地のエストニア・タリンに向かいます~。

続く。

人気の投稿

1

「ファーストクラス」 世界中のセレブやVIP達が乗っているであろう雲の上の、いや、オゾン層の上の存在。 普通に買ったら200万をも超えるその魅惑のクラスにはどんな「Another Sky」が広がってい ...

2

男を磨くにはまず女心を知らねばならない。 そこで今回は京急電鉄が販売している「葉山女子旅きっぷ」に目を付けた(短絡的) これは切符の名前こそ「女子旅」だが、 なんと俺のような独身33歳のクソメガネ鶏ガ ...

3

バルト三国(リトアニア・ラトビア・エストニア)を実質3.5日間で巡ってきました! バルト三国に決めたきっかけは美女が多いバルト海に面した美しい街並み! 正直、仕事が忙しくて出発ギリギリまで行けるか分か ...

-旅行記, ヨーロッパ, 海外旅行, ラトビア

Copyright© 旅するしばねこの放浪日記 , 2020 All Rights Reserved.