国内旅行 神奈川

京急の「葉山女子旅きっぷ」を男一人で使ってみた。

更新日:

男を磨くにはまず女心を知らねばならない。

そこで今回は京急電鉄が販売している「葉山女子旅きっぷ」に目を付けた(短絡的)

これは切符の名前こそ「女子旅」だが、
なんと俺のような独身33歳のクソメガネ鶏ガラ野郎でも使えることが判明。

という事で女子に人気らしい三浦半島の葉山に男一人で逝ってきた。

葉山女子旅きっぷの起点は京急品川駅なので地元駅から向かう。

葉山女子旅きっぷ(品川発の場合)は

1.京急品川ー新逗子間の往復乗車券(途中下車は逆戻りしなければ可)


2.22店舗で利用できる「ごはん券」


3.10店舗で利用できる「おみやげ券」

 

以上がなんと3000ポッキリというからおったまげだ。

ちなみに我が地元から品川に行くのに往復2000円弱かかることを考えるとなんだか虚しくなるので気にしない事とする。

さすがにいい歳したオッサンが「女子旅きっぷ」を買うには抵抗があるが、ネットの情報によると券売機で余裕で買えるらしい。恐るるに足らん女子旅きっぷ。

しかし探せど探せど券売機が見当たらない・・・。
JRからの乗り換え口だと、まさか窓口でしか買えないんじゃなかろうか(汗)
時間も無いし仕方ないので

俺「・・・葉山のフリー切符ください(小声)

駅員さん「・・・葉山女子旅きっぷの事ですか・・・?(キュピーン☆)」

俺()「・・・はい(赤面)」

駅員さん「この切符は女子旅往復きっぷと、女子旅ごはん券と、女子旅おみやげ券がセットになっているので、まずは精算券と女子旅きっぷを改札に一緒に入れていただいて・・・」

後ろに人並んでるから、あんまり女子女子連呼しないでください(泣)

(ちゃんと自動券売機が設置されていました。。。)

早くも乙女心は傷付いてしまったが無事女子旅きっぷゲット。

購入には現金か、交通系ICカード(モバイル不可)しか使えず。
せっかくiPhoneのSuica使おうと思ったのに、普段現金をあまり持ち歩かない俺は早速現ナマがピンチだぜよ(汗)

京急品川からはまず葉山の最寄り駅「新逗子」を目指して快特三崎口行きに乗車。

またドレミファインバータが聴きたい。

車内広告。
京急といえば「みさきまぐろきっぷ」

コスパ抜群。こっちも近々使ってみたい。誰か付き合ってください(爆)

京急って線路幅広いなーって思ったら標準軌(新幹線と同じレール幅)なのね。
(女子を見習って鋭い観察眼を使った)

しっかし速いぞ京急!

ちなみに30過ぎると時が経つのも早いぞ(爆)

そう、品川を出発して踏切をチンタラ走っていたと思ったらいつの間にか110km/h!

(女子を見習って鋭い観察眼を使った)

ビューンと飛ばして金沢八景で新逗子行きに乗り換えます。

いよいよ葉山が近づいてきます。

さっきまでドン曇りでしたが晴れてきました。

女心と秋の空だ。

葉山への玄関口「新逗子駅」に到着。

天気は良いけど鬼寒!

まずは腹ごしらえに向かうために、駅前2番のバス乗り場から京急バスに乗る。こちらももちろんフリー区間で乗り放題。

すごいよ女子旅きっぷ。

この辺から俺と同じパンフを持った「リアル女子旅きっぱー」が続々と登場し始め、ニセ女子の俺はそっとパンフをバッグにしまうのであった。

葉山方面に向かってGO!

程なくして海が見えてきました。

「きれーい!!」

周りの女子が騒いでる。お姉さんたちの方がキレイですよ

ねえねえ、私しばね子っていうの。ちょっと一緒に葉山を回らない?(爆)

三ヶ丘バス停で下車。

こちらは県立美術館の最寄りバス停でもあります。

しばね子は安定の一人旅を継続中(猛爆)

さて、お目当てはココ。

海の見える絶景レストランオランジェ・ブルー」さんです。

なんとここのランチに例の「ごはん券」が使えます( *´艸`) ←コラ

さすがお昼時なだけあって平日でもこの混雑っぷり!

予想は容易にできたが見事に女子とカップルだらけだ。

待ち時間の空気に耐えきれず、何度も化粧室にお花を摘みに行ったり心の化粧直しをしたりして切り抜ける。

コ・コ・ロ・オ・レ・ル

女子

というハードダイニングな状況下において女子旅ごはん券を差し出すオッサン。

メニューは沢山あるが、ごはん券が使えるは4種類

・ハンバーグ&ライスorブレッド スープ付き
3種のキノコのペンネ
・ハンバーガー
・DONBURI(竜田揚げのやつ)

キノコのやつとか論外なので無難にハンバーグのセット。

危険回避のつもりが結局キノコが添えられているという事故(スタッフが美味しくいただきました)

女子向けなのか小ぶりでかわいらしいハンバーグ。
ポテトも揚げたてでサクサク。

男には少し物足りない・・・じゃなくて今は女子なのでおなかいっぱいになりました☆

添えられたミネストローネ。

絶景のレストランでいただくと美味しさも一入。

ちなみにコーヒー・紅茶のサービスもあり。全部で1300円相当。

ごちそうさまでした。

唯一の誤算は男一人で来てしまった事だ(爆)
いや、勉強勉強。

レストラン併設のお土産屋さん。

こちらでも美術館オリジナルのトートバッグなどが「おみやげで交換できる。

食後はしおさい公園に向かって散歩。

なんでもない道でも、旅すれば特別。

しおさい公園へ歩いてる途中で見つけたカフェ。

さて、女子旅と言えばスイーツでしょう( *´艸`)←コラァ

それが。。。これだ・・・!

キコキコキコーーン♪

たまりじょうゆのなめらかとろとろプディングーー

「お前にそんな大人の味が分かるのか」

とツッコミが入りそうだが、気分は大人女子なので問題なし。

まあ大人風に表現すると甘じょっぱいプリンであった。

ちょっと歩いて「しおさい公園」

敷地内には300円で入場できる。

敷地内の海洋博物館。

入館料は別途不要。

なかなか本格的な館内。

わかめ

ちょっとゲジ〇ジっぽい。

日本庭園も。

のんびり散歩。

滝なんかもあって癒される。

庭園内にはお茶できるスペースもあったが、この状況で一人突入する勇気はさすがに無かった。

弱虫のゲ〇ゲジと呼ばれてもいい。

サーファー御用達のお店もたくさん。

ちなみにこんな感じで頻繁にバスが来るのできままに回れるのもポイント高い。

お次はバスで森戸神社を目指します。

森戸神社で降車。

バスで一緒だった女子ーズがあまりにも同じ行動パターンなのでそろそろ通報されるんじゃないか疑惑。

有名なやつ。

森戸海岸。

物静かでよい。

絶景にウットリしているカップルたちを横目にオッサンも海を眺めます。

俺もルフトハンザA340の真っ白ロングボディにウットリしてる場合ではない。

境内は七五三の参拝でにぎわっていました。

ここは縁結びでも有名らしく、俺が1人でウロウロしていたら明らかに気色悪いので遠くから眺めるだけにした。空気を読む。

天気のいい日は富士山も見えるとか。

鳥居がいい感じ。

去年の今頃も日向灘を一人で眺めていたな‥。

・・・。気温も心も寒いのでそろそろ帰ります。

バス停前にはこんなカフェも。

新逗子駅に戻ってきました。

「おみやげ券」はここで使おうと決めていた。新逗子駅前の「ミサキドーナツ」さん。

ファンシーな外観。

ぐぬぬぬぬ・・・・。店内もファンシーだ。居場所がない。

なんとおみやげ券をつかうとドーナツ3個もらえます(1個270円相当)

とりあえずレモンのやつはすぐ決めて、あとの二つを迷っていると後ろから女子旅きっぱー集団がやってきたので恥ずかしくなってテキトーに決めた(汗)

さらに!ドーナツを入れるトートバッグまでいただける。

なかなか嬉しいサービス。

女子旅きっぷ、おそるべし…。

用途としては職場の女子にあげるしかない。

葉山を満喫し、再び京急に乗る。

結局女心は神秘の世界という事でサッパリ分からなかったが、女子旅きっぷの魅力は伝わっただろうか(笑)

はい、もう女子旅モードは終了。

ここからは完全男旅モードで行くよー。
切符は逆戻りしなければ途中下車できるので横浜駅に有難く寄り道。

相鉄線改札近くの「中華一 龍王」さんで神奈川ご当地ラーメンの・・・

サンマーメン!(590円!安い!)

モヤシ・ニラ・ニンジン・豚肉などが入ったあんかけは冷めにくくてボリュームたっぷり!

寒い日でもすぐに温まるー。

サンマーメンまじ(゚д゚)ウマー

サンマーメンで燃え滾る熱い男になった俺は品川に戻ってきても飽き足らず。。。

JR駅構内にある「TOKYO豚骨BASE MADE by博多一風堂でダメ押しの赤豚骨!
まさかのラーメンハシゴ(笑)

からか麺でさらに燃え滾って京急ニセ女子旅は結局男臭く終了ー( ̄ー ̄)

さて、思い付きで身体を張って男一人で女子旅きっぷを使ってみましたが、女子旅するにはなかなかの優れものと感じました!(男一人でも本気出せばいけますw)

今回は行けなかったところもたくさんありますが、京急の女性社員が考案しただけあって、葉山のオシャレスポットをお得に利用できる女子旅きっぷはなかなか利用価値が高いと思います!女子旅に、おデートに、みなさんも機会があったら使ってみては?

てか、リアルに男旅バージョンも作ってください京急さん。

1.フリー乗車券!

2.日帰り温泉券!!

3.ラーメン券!!!

で男は食いつきますよ(笑)

 

人気の投稿

1

「ファーストクラス」 世界中のセレブやVIP達が乗っているであろう雲の上の、いや、オゾン層の上の存在。 普通に買ったら200万をも超えるその魅惑のクラスにはどんな「Another Sky」が広がってい ...

2

男を磨くにはまず女心を知らねばならない。 そこで今回は京急電鉄が販売している「葉山女子旅きっぷ」に目を付けた(短絡的) これは切符の名前こそ「女子旅」だが、 なんと俺のような独身33歳のクソメガネ鶏ガ ...

3

バルト三国(リトアニア・ラトビア・エストニア)を実質3.5日間で巡ってきました! バルト三国に決めたきっかけは美女が多いバルト海に面した美しい街並み! 正直、仕事が忙しくて出発ギリギリまで行けるか分か ...

-国内旅行, 神奈川
-

Copyright© 旅するしばねこの放浪日記 , 2019 All Rights Reserved.