旅行記 国内旅行 兵庫

兵庫県の山奥に流しそうめんを食べに行く【滝流しそうめん】

大阪在住の友人に会いに行くことになりました。
友人の勧めでせっかくだからと兵庫県へ。

友人「どこか行きたいところは?」

俺「流しそうめん!」

友人「どんとこーい!」

と言うワケで類友(爆)と
兵庫県と鳥取県の県境にある宍粟市に行ってまいりました。

おはようございます。18日に仕事を早上がりして大阪・心斎橋に前泊していました。

ここから西長堀に移動して友人と待ち合わせ。
しかしこの日は生憎の雨予報・・・。
明らかに屋外で流される素麺、ちゃんと流してくれるだろうか。今から不安・・・。

だが自他共に認める晴れ男である俺は、今までに数々の勝利を収めてきた。

①雨季のアフリカで一度も雨に降られず過ごす(於2016)
②土砂降りの陸上競技大会で自分の競技の時間だけ雨が止む(於2004)
③雨に降られなかったが恋にフラれる(そして伝説へ)

まさにレジェンド。今回の旅でも余裕であると確信していた。

ついでに俺の忘れたい過去もそうめんと一緒に流してほしい

では定刻10時に出発。

アカーーーーーーン(;´Д`)

友人「誰や!雨男は?!」

まあ落ち着きたまえ。

雨男とか晴れ男とか、そんなの全く非科学的であって、梅雨前線が日本列島を覆うこの季節において、降水量が増えるのは当然の事であり、当日その地が雨に降られるかどうかというのは確率の問題なのだよ(←オイ)

ここでお店に電話を入れ流しそうめんの状態を確認。

店「お客さんさえ良ければ、屋根もありますし、よっぽどの雨でなければ流しますよ☆」

よっぽどの雨という表現が若干アナログで具体的にどれくらいの降水量を指すのか分からなかったが、とりあえず行ってみることに。

ようやく目当ての滝流しそうめんに到着!

大阪から高速道路と下道を使って約2時間半。
思った以上に遠かった(;´Д`)

気温も山の中なので17度にまで下がり結構寒い。

山間にひっそりと佇んでおります。

季節営業みたいですね。

お店の方に恐る恐る確認したら流してくれるそうなので一安心です。
これで流してもらえなかったら確実にN崎をシバいていた。

・・・今日は結構な土砂降りですけど・・・大雨ではなかったようだ。

その判断力、尊敬に値する。

普通に室内で小料理も楽しめます。

しかし今回のお目当てはあくまで・・・。

でました!流しそうめん!

700円で一流し。さくらんぼが流れてきたら終了だそうです。

こんな感じで大自然の中で流し素麺が楽しめます。ワクワク。

さすがに今日は二人で貸し切りでした(笑)

友人は18番、自分は19番レーンにスタンバイし、いざ!!

てかコース長!!

流しそうめん流し隊の匠、出撃。

私たち二人だけのために、大雨の中傘も差さずそうめんを流しに小屋に向かうその後ろ姿、凛として美しく、そして儚い。

よっしゃ。一本残らず受け止めてやるぜ!

うおおおおおお!!(@_@)

めっちゃ流れてきた!写真写真!!

バシバシ!×1000

うわーん。

一本残らずとか言ってたバカはどこのどいつだい?orz

素麺みたいなヤツが素麺食ってます。

揖保乃糸、うまいっす。

下はこんな感じ。

油断していたら流されるのは自分だ。

屋根付きなので安心して食べられます。

終了を意味するさくらんぼが流れてきました。

そして私の所にまで流れつく前に止まりました。届きません(爆)

・・・全然関係ない話で心が痛いのですが、
会社の飲み会のデザートの中にさくらんぼ」が出てきたことがあり、
後輩()がさらにその後輩()に

「俺のチェリーあげるよ!」

とわざわざ英語に直し彼のさくらんぼをあげていたので女子達の間では俄かにざわつきがあった。

‘‘とーなーりどおし♪
あーなーたーと♪
あーたしさくらんぼ~♪(σ*^^*)”

ということだったのだろうか…?

“もう一回!(*^人^*)♪’’

だけは勘弁してほしい。

仕事を終え、帰還する匠。
その姿、堂々として勇ましくもあり、そして儚い。

感謝の意を表明したい。

私たちが食べ終えた直後にご夫婦が来店。

そして再び戦場へ向かう匠。

その姿、哀愁漂う。

だそうです。

ちょっと俺がやんちゃしてこの箱に入って遊んでいたらそのまま出荷されてしまうだろう。

奥に見えるは匠ロード。
いいな、俺も素麺流してみたい(爆)

流しそうめんin兵庫 ~季節の雨水を添えて~

これにて終了。

美味しかった!そして晴れていればそれはもう最高のロケーションだったことでしょう。

「ま、これはこれで」

ポジティブな俺たちの合言葉。

兵庫県の山奥(ほぼ鳥取)に位置し辿り着くのが極めて困難だが、興味のある方はぜひ行ってみてほしい。

滝流しそうめん

TEL:0790-73-0009(予約不可)

〒671-4201兵庫県宍粟市波賀町戸倉峠

 

人気の投稿

1

「ファーストクラス」 世界中のセレブやVIP達が乗っているであろう雲の上の、いや、オゾン層の上の存在。 普通に買ったら200万をも超えるその魅惑のクラスにはどんな「Another Sky」が広がってい ...

2

男を磨くにはまず女心を知らねばならない。 そこで今回は京急電鉄が販売している「葉山女子旅きっぷ」に目を付けた(短絡的) これは切符の名前こそ「女子旅」だが、 なんと俺のような独身33歳のクソメガネ鶏ガ ...

3

バルト三国(リトアニア・ラトビア・エストニア)を実質3.5日間で巡ってきました! バルト三国に決めたきっかけは美女が多いバルト海に面した美しい街並み! 正直、仕事が忙しくて出発ギリギリまで行けるか分か ...

-旅行記, 国内旅行, 兵庫
-,

Copyright© 旅するしばねこの放浪日記 , 2020 All Rights Reserved.