国内旅行 北海道

はやぶさ号グランクラス初体験!北海道新幹線に乗って東京から北海道・小樽へ!

さて、今回の企画は

「陸のファーストクラス」

とも称されている東北新幹線はやぶさ号のグランクラスに乗車し、北海道へ陸路で上陸すること!
そのまま函館観光では芸がないので、ちょっと足を延ばして小樽で海鮮に舌鼓を打ってきます!

途中下車しながら美味しいものを食べつつ北上していきますー。

今回の旅の始まりはなぜか常磐線「南千住駅」から。

東京都区内からの乗車券なので有難く利用します!

小樽駅までの乗車券。長い旅路の始まりです。

ロマン溢れますねぇ(´ー`)

東京駅のJR東日本新幹線ホームにて。
つばさ号が新しい!(同意語:記憶が古い)

つばさ131号でまずは福島を目指します。

2016年のGW。この日の早朝は暴風雨で一時はどうなるかと思いましたが見事な晴天!

関東住まいなもんで意外と?東北・上越新幹線ってあまり使わないんですよー。

まさかの電光掲示板ブラックアウト!

ある意味貴重な日でしたね(笑)

何気に東北新幹線6年ぶりです!

車内チャイム変わりませんねー。

個人的には九州新幹線R編成が博多駅を発着するチャイムが好きです(´ー`)

GWでも中日は閑散としていました。
福島まではつばさ号とやまびこ号の併結なのでシートが2×2のつばさ号で予約しました。

朝ごはんは深川めし
アサリとアナゴが美味~。

駅弁って高いけどつい買っちゃいません?(笑)

ずっと新幹線なので車窓くらいしか撮るものありません(笑)

JR東日本

「ただ今 ○○駅付近を通過中です」

東海道新幹線と違って丁寧語です。

福島に近づくと曇ってきました。

10:47福島駅到着。
ここで2時間ほど途中下車。

つばさ号とやまびこ号の切り離しです(*´Д`)

福島駅、初めて来ました。
福島に転勤中の友人と待ち合わせていました。

どうしても食べたかった福島の円盤餃子!照井

駅東口店は激混み!そもそも昼営業の餃子屋が少なすぎるのが問題だと思うんですよね。

開店と同時に訪れても2時間待ちでした・・・。
GW恐るべし。

途中、何度も挫けそうになりながらも、ようやくありつけた円盤餃子!!

新幹線の時間ばかり気にしていました・・・。

表面パリパリ・中はふっくらジューシー。
野菜の甘みの感じられる待った甲斐のある餃子でした!

一人前11個ですが小ぶりなので余裕です( `ー´)

これはまたゆっくり食べたい餃子。

 

最後バタバタしてしまって本当に申し訳なかったです。

餃子を待ちまくったせいで
超ギリギリになってしまいましたが、お次は「やまびこ49号」
盛岡まで北上します。

E5系は初めての乗車です(^^)
カッコいい!

各駅に停車するタイプだったので結構時間がかかりましたが。

14:53
盛岡駅に到着~!

盛岡といえば三大麺 「わんこそば」・「冷麺」・「じゃじゃ麺」

若かりし頃、無邪気に一人でわんこそばに挑んだところ、店員さんの威勢が良すぎて他のお客さんから大注目されながら次々にそばを盛られるという辱めを受けて、心に深い傷を負ってしまった可哀想な俺は、もう一人わんこそばなんてしないなんて言わないよ絶対、なんて言わない。

「(恥ずかしいので)もう食べられません・・・」

あれは俺が人生でついた最初で最後の嘘だった(嘘)

ということで今回選んだ麺は「じゃじゃ麺」!

「香醤」さんという有名店を教えていただいたので、駅から電話で混雑状況を確認したところ

「ゴメンねー、今30人待ちで、今から来てもらってもいつ入れるか・・・。」

あ、やっぱそうなっちゃいます???

なのでネットで調べて駅から歩いて行けるところにあった「あきを。」さんへ。

久々のじゃじゃ麺。刻みのりトッピング。

この麺も味も自分好みっす!

もちろん最後はチータンタンしましたよ。(しかもこのお店は無料!)

1時間半しかいられないので駅に戻ります。

涼しくて丁度良い気候。

川の流れている街、素敵です。

仙台ではありませんが、駅で売っていた「ずんだシェイク」

つぶつぶ濃厚ウマー(^^)

電光掲示板は全駅ダメですか・・・。

でもいよいよお目当ての「はやぶさ」に乗れます・・・!

東京行きのはやぶさ&こまちが停まってる!

バシバシ!×100

連結部も!

バシバシ!!

そしてこまち・はやぶさ23号が入線してきました!
ブリリアントでメタリックでエレガントな東日本の車両、好きです(´ー`)

よく見ると目が4つある。

エヴァ弐号機みたい。

H

5系ではありませんでしたが、ついに・・・。

あんれまぁ・・・(*´Д`)

素晴らしすぎる。

大枚はたいて予約したグランクラスに・・・。

広い!
身長179cmの私でも足が届きません。

スリッパ最高!

飲み物はいつでも頼めます。

一人じゃじゃしたばかりだったので軽食は遠慮させていただきました。

今だけでもお酒が飲める体質になりたい。

ほんと、飛行機の上級シートみたいです。

座席上部には収納スペース。

オホホ。
優雅にお茶菓子とハーブティーをいただくざます♪

美味しいイチゴのパウンドケーキ。

ここで問題点が。

そう、快適すぎて眠いのだ・・・。静かだし座り心地良すぎる・・・。

やばい、寝たら勿体ない。
気付いたら青函トンネル抜けてたとかシャレにならん!

なんとか起きるんだ(;´Д`)

(-_-)zzz

・・・はっ!!
いかんいか~ん!!寝るな!!

睡魔と戦いつつ、いよいよ青函トンネルに入りました。

車掌さんが青函トンネルの歴史などもアナウンスしてくれます。

「青函トンネルは予め、新幹線で走行できる規格で建設されました。
1988年の津軽海峡線として開通してから28年。2016年3月26日、念願の北海道新幹線が走り出しました。」

長い年月をかけてついに新幹線が営業運転される日が来たんですね。
なんかジ~ン(;_;)

「北海道新幹線」で北海道に上陸しました!

もう終点・新函館北斗に着いてしまいます・・・。
もっと乗っていたいっす!

アテンダントのお姉さまにwktkしていると悟られないように必死に平然を装っていたけど、たぶんバレバレだったと思う笑

18:32
新函館北斗駅に到着。

東京からはるばるお疲れさまでした。

線路の終端。さらにここから延伸していくんですね~(´ー`)

5月でもキーンと冷える北海道。

なんだかオシャレな駅ですねー。

ベントーカフェ。
ベントー買いました。

「北斗」繋がりで「You はShock!!」

ゴリ推しの「はやぶさスポンジ」

店員「ほーら、見てくださーい 楽しいですよー 連結できますよー」

すみません、俺にはスポンジが連結できる事による生活上の有用性を見出せませんでした笑

北斗市のゆるキャラ「ずーしーほっきー」

気色悪いわ~。
完全に目が〇〇〇やってるわ。

旅はまだまだ続きます。

「FURICO」なスーパー北斗。

ここから3時間かけて札幌へ。むしろここからが長い(笑)

BENTO CAFEで仕入れたBENTO。THE北海道!
ウマー(^^)

今日はずっと列車に乗りっぱなしですが、片道24時間かかったマラウイの事を考えると余裕でした(笑)

揺れまくるFURICO列車に若干酔う・・・。

22時33分 札幌に到着~。

寒い!!

まだまだー!目的地の小樽までさらに普通列車で40分。

この時点でもう虫の息でしたw 年は取りたくないな。

23:36

おーたーるー!

るーたーおー!

丸一日かけて北の大地・小樽にやってきました。
なんかすごい達成感!

今夜のお宿は駅前の「ドーミーイン」

カプセルだとGWでも4000円でした(´ー`)

カプセルのロッカーとは思えない上質なロッカー!
オートロックで小物置きや鏡が付いてる!(゚Д゚)

ハンガーなんて3つある!
スゴイ!!

カプセルも広々!
爆睡でした。

タオルもフカフカでお風呂も最高でした。
ここは絶対また泊まりたい!

翌朝はサクッと小樽を観光します。
小樽は4回目ですな。

駅前の三角市場。

同僚に教えてもらった「滝波食堂」さんでわがまま丼をいただきます!

ここのお店だけ行列ができていて1時間近く並びましたが
カニ・ウニ・イクラ・サーモンの4色丼!

間違いなくうまい!

カニ汁も間違いなく、うまい。

運河も。

ぷらぷらと。

カップルたちを横目に。

幸せの鐘をならす野郎どもに仲間意識を感じつつ。

小樽を後にしたのでした。

GW、カップル多し。

昨日と違ってテンション低いのバレました?(笑)

今日中に帰らないといけないので空港へ。

新千歳は見てるだけで楽しい。
お土産、爆買い( `ー´)ノ

空港でサラッとラーメンを食べて帰ります。

帰りは麗しのANAさまで。

一泊二日でしたがグランクラスに乗れて満足でした(^^)
新幹線で北海道もなかなか乙ですよ~。
機会があればやってみてくださいね。

ではまた!

人気の投稿

1

「ファーストクラス」 世界中のセレブやVIP達が乗っているであろう雲の上の、いや、オゾン層の上の存在。 普通に買ったら200万をも超えるその魅惑のクラスにはどんな「Another Sky」が広がってい ...

2

男を磨くにはまず女心を知らねばならない。 そこで今回は京急電鉄が販売している「葉山女子旅きっぷ」に目を付けた(短絡的) これは切符の名前こそ「女子旅」だが、 なんと俺のような独身33歳のクソメガネ鶏ガ ...

3

バルト三国(リトアニア・ラトビア・エストニア)を実質3.5日間で巡ってきました! バルト三国に決めたきっかけは美女が多いバルト海に面した美しい街並み! 正直、仕事が忙しくて出発ギリギリまで行けるか分か ...

-国内旅行, 北海道
-, , , , , , , ,

Copyright© 旅するしばねこの放浪日記 , 2020 All Rights Reserved.