ローカル線 秋田

2018年旅の締めくくりは2年連続東北へ!①秋田内陸縦貫鉄道で雪見温泉の巻

こんにちはしばねこです(・∀・)

今回は久々に海外のポルトガル編でも書こうかなー・・・と思いつつも、やはり記憶が新しい、年末に旅した東北編を書きたくなったのですみません(→途中広島日帰り、大分・熊本・鹿児島をすっ飛ばしておりますがそのうち書きますww)

鉄分少なめの読者の方、すみませんねー。

さて、直近の俺的トレンドである年忘れ(歳も忘れたい)年末旅は

2016年は九州・鹿児島たまて箱温泉

2017年は東北・秋田乳頭温泉

と二年連続で温泉ときたもんだ。

今回はいつもの友人K君が休みを取れなかったため一人旅。どこ行こう・・・。

色々悩んだ挙句、やはり去年の流れを受け継いで雪見温泉するべく東北に行こう!

と、まさかの2年連続で秋田県へw

たかぎなおこさんの本に載っていた(某鉄子も乗っていた)秋田内陸縦貫鉄道に乗って真冬のローカル線と温泉、グルメを満喫しよう!

そして帰りは岩手・宮城と寄り道して、ずっと気になっていた気仙沼のあさひ鮨にも行ってみよう!!

<旅程>

2019年12月26日(1日目) 羽田→大館能代空港→大館→鷹巣→阿仁合→阿仁マタギ→角館→盛岡

2019年12月27日(2日目) 盛岡→釜石→盛→気仙沼→一ノ関→仙台→上野

さーて、2018年最後の旅に出かけるよー!

今回は安定のANAを利用して大館能代空港まで一気に北上。

運賃は株主優待割引で13840円。ギリギリに取ったのになかなかお安くて満足。

今年は行ったことない空港や都市に沢山訪れた年だったなぁ。

てか何気に2018年ラストフライトじゃないか。今年もお世話になりました。来年は平SFCに逆戻りです(泣)

B737のANA787便。些か紛らわしいわw

羽田 8:55 → 大館能代 10:05

ギリ沖止めじゃないっす。

たった一時間で秋田県へ上陸!なぜかスポイラー全開のタイミングで撮影w

東北って飛行機で来ると本当に近い。ただ冬は欠航や遅延、ダイバートが怖いから慎重に・・・。

昔、秋田空港に行くはずが危うく仙台に連れて行かれそうになったからな(今となってはオイシイとも言う)

萩石見・釧路・徳島に続いて初利用4つ目の大館能代空港!

あきた北空港の異名を持つだけに秋田県の北に位置しているから分かりやすいぞ。

雪が心配だったが無事ランディング出来てよかった(→降ろしたのはお前じゃないだろう)

きたきたぁナマハゲー!

高知でも半家(ハゲ)駅に訪れるなど、今年は全国をハゲ散らかし回った年であった。

悪い子はここにいる。

ここからのルートは迷った。非常に迷った。

とりあえず「秋田内陸縦貫鉄道の阿仁マタギ駅で途中下車して温泉入ろう計画」を本日の最優先事項として考えると12:30鷹巣発の列車に乗りたい。

この大館行きのバスの乗れば鷹巣駅でも降りられるが、鷹巣に早く着きすぎてしまう。

でも鷹巣には何にも無さそうなのでいっその事、大館まで乗り通して、某ブログで見た「昔のきりたんぽや」で昼飯を食ってからJRで鷹巣へ向かおう!そうしよう!!ナイス判断だ俺!!

さすが秋田。関東は雪なんて1~3月に数回降るくらいなもんだが、こちらは茶飯事。

雪国に来た実感が湧いてきたー。

10:20 大館能代空港→ 11:05 大館駅 リムジンバス920円

早くきりたんぽ食べたい…。楽しみすぎるお目当ての店は地図で確認すると、終点の大館駅まで行かず中道一丁目で降りた方が近いらしい。

しかしバスを降りるや否や仕事の電話・・・。

雪が溶けてビチョビチョになった道を仕事モードで会話しながらひたすら歩く。

そのため歩くことに集中できず回避できそうなトラップにも引っかかり靴はビショ濡れ。おんどれぇぇ(-_-;)

大館市ポータルサイトより引用

ようやく目的の場所にたどり着いたが嫌な予感しかしない・・・。暖簾がかかっていないのだ(写真は営業中ですけどねw)

恐る恐る店に電話してみる。

 

すみません今日は臨時休業なんですよー

ですよー ですよー ですよー

 

・・・雪に埋もれて冬眠したい。

昔のきりたんぽやホームページより

ショックすぎてお店の写真も撮れなかった(爆)

もちろんきりたんぽ鍋の写真など物理的に撮りようがない(猛爆)

俺の楽しみにしていた秋田らしい昼飯はいとも簡単に仕事の電話によって(←八つ当たり)打ち砕かれたのであった。

なんだ、俺は大館に足を濡らしながら仕事の電話をするためだけに来たのか。そうかそうか(投げやり)

そうこうしているうちに鷹ノ巣に戻らないといけない時間が迫ってきた。

大館から鷹巣までは奥羽本線で向かうが、こいつも相変わらずのカッソカソダイヤで絶対逃せない。てか時間がすでにヤバい。

12:09の列車に乗らなければいけないので急いで大館駅へ向かう。

雪道に悪戦苦闘しながらも12時ジャストくらいに大館駅に着く。腹減ったぁ・・・。

ここからは列車に乗りっぱなしになるので、覚悟を決めて駅のNEWDAYSで非常食を仕入れた。

駅のイートインスペースで迎えた秋田到着後初の食事は、どこか懐かしい味がした(爆)

列車の時間が迫っており、こんなに長く感じる3分も珍しい。

幸い空いていたみどりの窓口で切符を購入し、ギリギリ間に合った!

奥羽本線秋田行き普通列車

大館 12:09 → 鷹ノ巣 12:26

腹も無事満たされ(←)

ここからは秋田列車の旅スタート!

奥羽本線のこの区間は初乗車なり。

12:26

鷹ノ巣駅に到着!ここは北秋田市なのね。世界一の大太鼓が気になりすぎるが乗り継ぎは4分しかない。

JRのホームから端っこの方に歩いて行くと内陸線のナワバリがある。

ウホっ!

白銀(っていうほどでもない)の世界に映える深紅の車両が眩しいぜ!

ロゴが地味にカワイイ・・・。

車内は秋田犬推しか!

シートにも無数にちりばめられておりなかなか楽しい。

乗車率はこんな感じ。年末の平日だし。

意外と駅の数多いんすねw

この列車は普通ですが、この後は後続の急行にも乗る予定。

  • 秋田内陸縦貫鉄道ホームページより

路線としては北秋田市の鷹巣と、仙北市角館を結ぶローカル線。

昔この路線の存在を知り、ぜひ冬に訪れてみたいと思っていた。

今回利用したのはあきたホリデーパス

今回は年末という事もあり、ホリデーではないが利用できてラッキーだった!

今回のルートだとJR大館から内陸線経由で田沢湖までフリー区間に含まれているので便利。

ちなみに内陸線を鷹巣から角館まで乗り倒すと1670円。

(後で計算したらそんなに使い倒せなかった・・・。)

12:30 鷹巣発

お気づきの方もいるかもしれないがJRは「鷹ノ巣」で内陸線は「鷹巣」だ(笑)

いいねいいねぇ(∩´∀`)∩

光の加減で暗く映っているが、なかなかいい天気だ!

まだまだこの辺は都市部(←)

もっと山深いところへ俺をいざなって。

これが憧れてた内陸線か~。

雪の量こそ少ないけど、良い感じ。

13:28 阿仁合駅に到着。

ここで角館行に乗り換え。15分待ちなのだが、またしても仕事の連絡が・・・。

平日とはいえ年末に休んだ俺が悪いんだよ、もう(-_-;)

気を取り直して外へ出てみる。

意外と立派な駅だ。まさか「しあわせのえき」だったとは、写真を見返して今知ったぞ(笑)

駅には物産スペースも。もう時間ないからゆっくり見られないけど、こういうの好きだ。

カラフルな車両が並ぶ阿仁合駅。

この後はいよいよマタギ温泉!引き続き内陸線の旅をお楽しみください!

②へ続く。


 

人気の投稿

1

「ファーストクラス」 世界中のセレブやVIP達が乗っているであろう雲の上の、いや、オゾン層の上の存在。 普通に買ったら200万をも超えるその魅惑のクラスにはどんな「Another Sky」が広がってい ...

2

男を磨くにはまず女心を知らねばならない。 そこで今回は京急電鉄が販売している「葉山女子旅きっぷ」に目を付けた(短絡的) これは切符の名前こそ「女子旅」だが、 なんと俺のような独身33歳のクソメガネ鶏ガ ...

3

バルト三国(リトアニア・ラトビア・エストニア)を実質3.5日間で巡ってきました! バルト三国に決めたきっかけは美女が多いバルト海に面した美しい街並み! 正直、仕事が忙しくて出発ギリギリまで行けるか分か ...

-ローカル線, 秋田
-, , ,

Copyright© 旅するしばねこの放浪日記 , 2020 All Rights Reserved.