旅行記 国内旅行 ローカル線 長崎 佐賀

新年一発目は一泊二日で長崎周遊②松浦鉄道で本土最西端の駅「たびら平戸口」へ!

長崎旅行②です。

いよいよ松浦鉄道に乗って世界遺産の街「平戸」へ向かいます!

<旅程>

2019年1月某日(1日目) 羽田→長崎空港→早岐→有田→伊万里→たびら平戸口→佐世保中央→佐世保→ハウステンボス

2019年1月某日(2日目) ハウステンボス→長崎→時津港→長崎空港→羽田

有田駅の松浦鉄道きっぷ売り場で一日乗車券を買いたいが誰もおらんw

俺が中を覗き込んでキョロキョロしていると見かねたJRの駅員さんが

「1日乗車券ならたぶん車内で運転手さんから買えますよー」

優しいなー別会社なのに。運転手さんって我々にとって崇高な存在なのに声なんてかけていいんだろかw

ヒマだったので早めに改札を通らせてもらいホームへ。3番線が松浦鉄道の陣地らしい。

意外と小ぎれいでビックリ(失礼)

ワクチンみたいな略し方だがなかなかスタイリッシュな配色とデザイン。地方のローカル線とは思えない。

松浦鉄道ホームページより

さて、赤線の右下有田から北上し伊万里で乗り換え後は西に向かい、平戸で途中下車して最終的には佐世保まで乗り潰すプラン。

便が悪いもんで長崎空港からレンタも考えたが、こんな機会も滅多にないので不便は覚悟で松浦鉄道に乗ってみようと思ったのだ。

ここから発車する列車は基本的には伊万里行き。ダイヤの薄さは・・・最近の経験からするとそれほど感じない(笑)

車内はまだガラッガラ。今のスキにとフリー切符を運転手さんに売ってもらう。

これが一日乗車券!2000円で全線乗り放題。十分モトが取れる計算だ。

描かれたマスコットキャラが「マックス」くん。

くそぅ・・・カワイイ・・・。

この乗車券、なんとスクラッチ式!三陸鉄道の紙パッチンシステムも驚いたが、これまた変化球きたww

削るとこ間違えないように十分注意するべし。注意書きにもあるが、2か所以上削ったら2000円のマックス君は水の泡だ(汗)

11:44 有田を出発!

ガラガラなのでかぶりついてみる。

なんか珍しい名前の駅名。

ローカル線にありがちな擦れ擦れの駅名標が良い感じ(´ー`)

蔵宿で交換。

瓦屋根の味のある駅だ。なかなかいいぞ松浦鉄道!

金武駅を過ぎたあたりから川?沿いを進む。列車はもうすぐ終点の伊万里だ。

12:09 伊万里駅に到着。有田からたったの25分だった。

ここはJR筑肥線と連絡している。筑肥線乗り潰しのためにまた来ることになるだろう(笑)

佐世保行きに乗り換えたいが次は12:40発なので駅前の本屋で時間を潰す。ちゃんとした昼飯は平戸まで我慢だ(泣)

 

この旅行記タイトル、「長崎」を推しているがまだ実は佐賀県。

ちんたら書いてるからだw

じゃ、そろそろまた長崎に戻りますかww

12:40 伊万里を出発。

この辺はまだ田園地帯。

東山代駅。

ちなみに地元の子供たちが描いたと思われる絵を至る駅で見かけた。俺より上手い気がする

島原鉄道に乗った時も思ったが、地元の人に愛されてるローカル線っていいよね。

しばらくすると右の車窓にはついに海が見えてきた!

ここからが松浦鉄道の真骨頂でしょー。

松浦駅では数分のご褒美タイム(←)があったのでちょっと気分転換に外に出てみる。

フリー切符だから改札も出れちゃうもんね(´ー`)

駅前には家電量販店くらいしかないのだが、知らない地方の駅ってなんでこんなに楽しいんだろう(笑)

ニャーンがいたので戯れたいが人がいるので我慢する。

最近俺的に流行ってる跨線橋からのアングル。

一番左のホームがどのように利用されているのか(はたまたもう利用されていないのか)無駄に気になる(笑)

列車はさらに西へ。

その名の通り「松浦発電所前」。九州電力の松浦火力発電所の最寄り駅だ。

火力発電所は冷却に大量の水が必要なのと、燃料の受け入れのために海沿いの立地が望まれる。

13:48 ついに本土最西端の駅「たびら平戸口」に到着!

いいねいいねー。

初めて来たよ。最西端の主張こそ控えめだが。

駅にはこんなものも。

海鮮ちゃんぽん・・・気になりすぎるがもう営業時間終わってた・・・。

ここからは平戸島を観光。ここでは2時間確保した。

早速、駅の事務所でレンタサイクルを借りる(1日500円)

バスで周るのは時間的にも無謀なので、チャリが良いだろう。

「17時くらいまでに返却してもらえればいいとですよ!」

・・・九州の方言って萌えますよね・・・(*´Д`)

↑のセリフはオッサンだけど。ちなみに女子が使った時ね。萌えるのは。

電動自転車決戦兵器・たびら1号で平戸島まで行くぞ!久々のレンタサイクル楽しみだ!

電動自転車は人生初だが、平戸は坂が多いという記憶があったので電動で一安心だ。

駅を出ると長い長い坂道を下っていく。後ろに乗せる相手がいないのが残念だが、はっきり言って後ろに人を乗せる余裕などない事にすぐに気が付いた(爆)

アッ・・・アァァァァァァァァ・・・(凍)

てか長崎寒すぎかよ!風が冷たすぎる・・・。

気分爽快だったのは走り始めて3分くらいだったw しかし平戸大橋が見えてきたので再びやる気出して頑張る。

おおお。すごい迫力!

こちらも13年ぶりの平戸大橋!昔は車で来たから余裕だったが、まさかこんな極寒の中、チャリで渡ることになるとはなw

平戸大橋から。絶景なり!これは確かにチャリでないと味わえないのだ。

寒さに震えながら頑張って写真撮る。

・・・しまった!手がかじかんで上手く撮れない!(いつもの事です)

あまりの風の強さにヒィヒィ言いながらまもなく平戸島に上陸!

寒いので今回はこの辺で(え?)

次回は平戸島観光編です!

続く。

人気の投稿

1

「ファーストクラス」 世界中のセレブやVIP達が乗っているであろう雲の上の、いや、オゾン層の上の存在。 普通に買ったら200万をも超えるその魅惑のクラスにはどんな「Another Sky」が広がってい ...

2

男を磨くにはまず女心を知らねばならない。 そこで今回は京急電鉄が販売している「葉山女子旅きっぷ」に目を付けた(短絡的) これは切符の名前こそ「女子旅」だが、 なんと俺のような独身33歳のクソメガネ鶏ガ ...

3

バルト三国(リトアニア・ラトビア・エストニア)を実質3.5日間で巡ってきました! バルト三国に決めたきっかけは美女が多いバルト海に面した美しい街並み! 正直、仕事が忙しくて出発ギリギリまで行けるか分か ...

-旅行記, 国内旅行, ローカル線, 長崎, 佐賀
-

Copyright© 旅するしばねこの放浪日記 , 2020 All Rights Reserved.