2019夏の青春18きっぷで東京から新潟と福島へ行こう!②彌彦神社に立ち寄って新潟の寿司を食う。

更新日:

18切符旅の1日目後半です!

宮内を出て、弥彦経由で目的地新潟駅を目指します。

<旅程>

2019年8月26日(月)

上野 → 高崎 → 水上 → 越後湯沢 → 宮内 → 長岡 → 東三条 → 吉田 → 弥彦 → 吉田 → 新潟  ドーミーイン新潟泊

2019年8月27日(火)

新潟 → 喜多方 → 猪苗代 → 郡山 → 新白河 → 黒磯 → 宇都宮 → 上野

長岡生姜醤油ラーメンをいただいた後は宮内駅に戻ってきた。

乗ってきた上越線は宮内までなので、ここから長岡駅までは合流してきた信越本線の区間に入る。

宮内からたった一駅で終点の長岡に到着。

ここは上越新幹線の停車駅でもあるので比較的大きな駅。

乗り継ぎに数十分あるので、エキナカのお土産コーナーをブラブラ。

15:32 長岡発 (新潟経由豊栄行き)

ようやく「新潟」の二文字が見えてきた(笑)

長岡駅にはまたもや「ぽんしゅ館」なる酒好きの聖地があったが、文字だけで酔ってしまいそうなので、

日本酒は買わないにしても少し奮発して高級フルーツジュースを仕入れる。

梨特有のツブツブ感と爽やかな炭酸。そして上品な甘み・・・。480円もしたがウマ過ぎて一気に飲み干した。

ゆーてもまだ16時前なので、このまま乗っていると新潟には早く着きすぎてしまう。

月岡温泉も気になったが、せっかくの18切符なので弥彦線を久々に乗り潰してみようと、

ちょっと遠回りして新潟を目指すことに。

車窓にはまだまだ水田風景が続く。美味しいコメが食べたくなってきた・・・。

なんだかステキな名前の駅名。信越本線、鈍行でゆっくり乗るのもいい。

東三条駅で乗り換え。

16:04発の弥彦線吉田行き。

さっきからこの車両ばっかりでいい加減飽きてきた(笑)

弥彦線は丁度学生たちの帰宅ラッシュに遭遇し、車内は大盛り上がり。

若いっていいなぁ・・・。

早く進学して上京したいとか、模試の結果がどうとか、懐かしい会話が耳に入ってくる。

てか高校って16時とかに授業終わるんだっけ?てか夏休みか。暗くなるまで吐くほど部活やってたから全然覚えてない・・・。

満員で乗車時間も短いので特等席(スペース)へ移動。

へぇ。街中を高架で走る路線だったんだな。

この列車の終点吉田が近づくとまたこんなのどかな風景。

終点の吉田に到着。越後線との接続駅なので駅名標もあっちこっち表記が忙しい。

せっかくなので、もちろんこの先の弥彦まで行くが、ここから本数が激減する。

軽く30分は何もない吉田駅で過ごすことに・・・。

駅前にはヤ〇キーらしき若者集団がたむろしており、地元とさほど変わんねーな、と思った(笑)

16:57 弥彦行きオコジョ号。

久しぶりに別の車両に乗る。E127系というらしい。ロングシートだけど、終点の弥彦まで2駅なので気にならない。

ものの8分程度で盲腸駅「弥彦」に到着。

前回訪れたのも遥か昔の早朝なので全く覚えてない。

外から見ると立派な駅舎だなぁ。

せっかくここまで来たので、すぐには折り返さず、彌彦神社まで行ってみる。

乗り合いバスの停留所も駅前にあったが、生憎時間が合わず・・・。

彌彦神社までは歩いて15分程度らしいので、駅前ウォーキングも楽しんでみる。

日帰り温泉もあるので気になったが、もう夕方なので見送る。

弥彦駅から神社までは、ずーっとゆるやかな上り坂が続いている。

最近の運動不足にはちょうどいいだろう。

弥彦は温泉街でもあるらしく、それっぽいレトロな飲食店や温泉旅館も。

こんなにいい雰囲気ならゆっくり泊まっても良かったなぁ・・・。

弥彦神社の鳥居をくぐって拝殿へ。

時間も時間なので参拝客が少なくて荘厳な雰囲気。

拝殿はかなりご立派。

自分と同じ男一人旅スタイルが複数(笑)

空気を読み合い、阿吽の呼吸で参拝している。

鳥居の前にはお土産屋さんがあり、その二階にはオシャレなカフェもあった。

カフェはもう閉まっていたので「お米ソフト」をテイクアウト。

甘さ控えめでウマい。

駅へ戻る住宅街も雰囲気ある。

弥彦山のロープウェーに乗って山頂からの眺めも見てみたかった。

ここも間違いなくブックマーク。

弥彦の駅前には足湯も設置されていたので列車の時間まで有難く利用。

少し熱めだが足の疲労も取れる気がする。

途中までは俺一人だったが、途中から独り言がやかましいめんどくさそうな個性豊かな女性も入ってきたので、

音速で撤収した。

18:29 吉田行きがやってきた。

終着駅はやはり雰囲気があっていいい。

ガラガラの弥彦線はてっちゃんと外国人とsomeカプールを乗せて出発。

ロングシートでも夕暮れからの車窓が美しい。

18:43 吉田駅から新潟行きに乗り換えてこの日の最終乗車。

懐かしの車両たちが並んでいる。

19:32 地元駅から約12時間半。目的地の新潟駅に到着。

ちゃんと鈍行だけでやってきたので達成感で一杯だ。

腹が減って仕方ないので、浮いた交通費で夜は奮発しよう。

米も魚もウマイ新潟では寿司を食べようと決めていた。

万代口から歩いて2~3分の「千代さんにお邪魔した。

18切符お疲れっしたーー。

安定の寿司屋コーラが沁みる。。。

どれもこれも旨そうで迷うから、3800円の「極」コースにしてみた。

カウンターに座って寿司の写真を撮るのはかなり恥ずかしいが、ブロガーとしては止むを得ない(笑)

それにしてもブリの握りは今までで一番うまかった・・・。

単品で頼むと800円のウニ。

大人になってから分かったウニのおいしさ。とろける・・・。

アナゴも特注。変にタレで味付けしてない、軽く塩を振ったアナゴが好きなのだが、ここのタレはうまかった・・・。

また広島も行きたい・・・。

締めはやっぱりカツオ。

肉厚でうまい。10月は高知で藁焼きも絶対食う。

結局お会計は5000円弱したが、それでも18切符で交通費を浮かしてあるので良いお金の使い方をした、と信じている。

酒は飲めないし本当に寿司を食うだけなので、セルフうどん店並みの滞在時間で撤収。

なんか本当にすみません(笑)

 

宿泊はドーミー。去年の9月に泊まって気に入った。屋上の露天風呂がたまらない。

じゃらんのポイントもたまっていたので1100円引きで前日予約でも5390円。

部屋指定なしのプランにしたらダブルの部屋にしてもらえた。

最近ダブルベッドに関しては

寂しさ<<快適さ

なので悪くないと思っている(笑)

 

まだ初日なので、それほどの疲労感もなく終了。

明日の予定が全く決まってないので、とりあえずまた明日の朝決めよう・・・(笑)

2日目 福島編に続く。

初日かかった主な費用

青春18きっぷ1回分 2370円

天然温泉 多宝の湯 ドーミーイン新潟 5390円

酒風呂 湯の沢 800円

 

-旅行記, 国内旅行, 新潟, 青春18きっぷ, 北海道・東北, 中部
-, , , ,

Copyright© 旅するしばねこの放浪日記 , 2019 All Rights Reserved.