旅行記 国内旅行 ドライブ 鹿児島 九州・沖縄

冬の鹿児島でグルメと温泉三昧!①指宿で砂むし風呂と絶景「たまて箱温泉」

しばねこです(・∀・)

これまた冬シリーズの回顧旅行記で恐縮です。

なぜ鹿児島なのかというと、今モーレツに南九州に行きたいからです!ただそれだけですw

てなわけで今回は2016年12月に行った鹿児島一泊二日旅の記録です。

今年ももう一回くらい九州行きたいな・・・。

<旅程>

2016年12月18日(1日目)ANA621 羽田空港 → 鹿児島空港

鹿児島空港 → 枕崎お魚センター → ヘルシーランド 砂むし風呂砂湯里 → ヘルシーランドたまて箱温泉 → 吾愛人 → ソラリア西鉄ホテル鹿児島泊

2016年12月19日(2日目)鹿児島中央 → 湯乃山温泉 → 天文館 → 嘉例川駅 → 鹿児島空港

ANA628 鹿児島空港 → 羽田空港

オハヨウゴザイマス!

本日9:05羽田発のANA621便に乗って鹿児島へ向かうであります。

10月にはふっこう割で破格の2万円で宮崎に訪れたばかりだが、H君の強い希望で鹿児島になった。九州行き過ぎだが問題ない(笑)

俺も指宿や枕崎なんかの南端の方は未踏だったので丁度いい機会!

2時間もかからず鹿児島空港に到着。足湯も外に併設されており、温泉天国九州に来た感じだ。

今回はスカイレンタカーで車を借りて、枕崎まで一気に南下してみようと思う。レンタは2日間借りて4000円と破格すぎた。

H「いやー久しぶりだねー!朝からタコ焼きしか食べてないから腹減ったわー♪」

俺と話すときはほぼ標準語なのに、朝食の選択肢に「タコ焼き」が存在するという点でH君がやはり生粋の関西人であることを思い出させてくれる何気ない発言だった。ところ変われば文化も変わる。

もう年末だというのに鹿児島の温かさ!この日は20℃近い気温でメチャクチャ快適だった!

鹿児島空港は霧島市の山の上にあるので、鹿児島市まで行くのにも一苦労。

とりあえず高速も駆使して枕崎を目指す。

薩摩半島の南端にある枕崎市。鹿児島空港から約一時間半もかけてはるばるやってきた。結構遠いな。

枕崎の平均気温は18と聞いて納得。本当はJR指宿枕崎線で訪れたかったところだけど、今回も時間が無いのでズルして車でやってきた。

枕崎お魚センター

地方都市なのに年中無休というドM設定にモヤシ感動。

一階は魚介類や水産加工品、お土産販売のお店が軒を連ねる。こういうとこ好き。

そう、ご覧の通り枕崎はカツオが有名。カツオといえばサザ〇さんと高知が有名だが、実は南九州の宮崎や鹿児島でも美味しいカツオ料理が楽しめる。特に枕崎では鰹節の生産量が日本一と、まさに三度のメシよりカツオが好きな俺のように、カツオ人間にとっては聖地とも言える街なのだ。

すごい・・・。流石鰹節の街。

dried bonito・・・英名が新鮮だ。ドラボニ。

得体の知れない機械まで鎮座している。

一階の見学はそこそこに、もはやカツオの事しか頭にない一途な俺たちは二階のレストランぶえんで昼飯。

「ぶえん」は「無塩」。塩を振っていない新鮮な、という意味の形容詞だそうだ。

枕崎の「ぶえん鰹」は一本釣りでのブランド鰹なのだ。阿久根にもぶえんあったね。

レストランからの眺め!枕崎の港と空の青が美し過ぎてやばい。

やはり年末とは思えない爽やかさ。

そして頼んだのがこのカツオ丼「船人飯」(840円)

船上で漁師が食べていたという漁師飯を再現したもの。

生かつお、ねぎ、例の鰹節、ねばねば、海苔など具だくさんだ。

お茶漬けにするとまた格別。

そしてタタキも外せない。カツオってなんでこんなにウマイんだろう・・・。

怪しい着色料なんて使ってないのにこの鮮やかさ。高知も美味いけど枕崎も間違いなく美味い!

おろしにんにくがアクセント。

お土産に名物の鰹節をもらった(笑)

ねこまんまにして食べよう(←生活力)

お次は枕崎を後にして指宿方面へ。途中指宿枕崎線の枕崎駅や西大山駅も訪れたけど、ポリシー違反(←)のため割愛。

国道を東進。おおぉ!薩摩富士・開聞岳!こうしてみるとめっちゃキレイな形してる!

国道226号沿いにある瀬平自然公園の前でパーキングスポットを発見!

ちょっと一休みしよう。

どちらからですか?

ここで一息ついて開聞岳の写真を撮っていると、とある男性に話掛けられる。

実はこの近くでカフェを開こうと思ってるんです。地元もこの辺なんですがメッチャお気に入りの場所で。

もし実現したらぜひいらしてください!

なんでも、この近くでカフェを開くのが夢、というかもうその準備に取り掛かっているというケンサクさんという方。

確かにこんなところにカフェがあったらつい寄っちゃうかもね。某SNSにも載せていいと言われたので(もうやってないけど)、改めてコチラでも載せますね(笑)ぜひ実現に向けて頑張っていただきたい!

なんと201910月現在、カフェマーリーというお店をすでに開業されているよう!

今度絶対行きます!頑張れケンサクさん!!誰か付き合ってください!!!(

指宿市に入り、お目当ての施設にやってきた。砂蒸し温泉「砂湯里」

2016年に溜まった毒素という毒素をすべて放出すべく、砂蒸し風呂初体験だ!

たまて箱温泉入浴券とセットで1240円(2019年10月)

何の予備知識もないオッサン二人は、まずは砂蒸し風呂のイロハを頭に叩き込む。

与えられる専用の浴衣に着替え、下に何も着ないという、スキャンダラスな状態のまま出陣せよ・・・と?。

これ、ドッキリじゃないよね?

実はみんなは中に着てましたー(・∀・)

なんでお前らだけ〇〇〇〇なんww

みたいなオチないよね??

俺たちだけスースーじゃないよね!!??(疑いすぎ)

 

ヘルシーランド「砂湯里」HP

多少疑いつつも係員の方に案内され、Moyashi into the Sand.

ザックザック掘られた砂を顔以外全身に容赦なく盛られる。まるで昨今のプリクラのような詐欺レベルの盛りっぷりだ。

半生き埋めにされ、ズッシリと砂の重さを全身で感じる。そしてジワジワと熱が伝わってくる。

寝相の悪い俺は開始早々タオルが意味を成していないw

汗とともに老廃物や日頃のストレスが流れ出ていくような感覚だ。これは気持ちがいい。

H氏は皆さんにお見せできないのが残念なくらい安らか表情で昇天されている。安らかすぎて本当に逝ってしまわれたんじゃないかとビビる。

ともあれ砂蒸し風呂、いい経験になった!

砂風呂上がり。併設のミニ温泉で砂を洗い流した後は、ヘルシーランドの目玉である超露天風呂へ向かう。

一度着替えて車で移動するのがちとめんどくさいが年末なので許しちゃう。

砂湯里の入り口のスメでは卵が蒸されていた。他にもサツマイモなんかも置かれているところがあった。

スメと言ってもスメルのスメではない。たしかにオイニーはスメるのだが、火山性天然蒸気かまどの事。芋や卵も無料で調理できちゃう。

観光客も利用できるパブリックスメもあるらしい。鹿児島ならではの光景だ。

 

ヘルシーランドたまて箱温泉HP

(トリップアドバイザー「行ってよかった日帰り温泉&スパ」部門 で4年連続全国1位 に輝いた絶景露天風呂)

楽しみにしていたたまて箱温泉

その評価も納得。自分も色々な露天風呂に入ってきたけど間違いなくベスト5に入る絶景温泉!

適温でずっと入っていられるカンジ。開聞岳と海を眺めながらの入浴は本当に心洗われる・・・。

幸せだなぁ・・・。

ヘルシーランド、メッチャ良かった。今度はゆっくり指宿あたりで宿泊してみたい。

夜のお楽しみは鹿児島市に戻って郷土料理が食べられる居酒屋「吾愛人(わかな)」へ!

コーラで一年間の労をねぎらおう。

一言、最高やな。

鹿児島と言えばきびなご!

酢味噌をつけていただく。クセが無くてメッチャ美味い。もっと食べたい。

さらにさつま揚げ!

ベタをじゃんじゃん攻める。揚げたては特にうまい。

なんか鳥(忘れた)

遠く鹿児島の居酒屋で郷土料理に舌鼓。来た甲斐あったなぁ。

飽くなき食い意地で鹿児島ラーメン豚とろ

中央駅から歩いてすぐ。〆はやっぱりラーメンだな!

鹿児島も豚骨系。ワンタンまでトッピングしてどんだけ炭水化物と脂質摂取してんのかw

その名の通りコッテコテの鹿児島ラーメン、最高。もう腹いっぱい。

やたら綺麗な中央駅のイルミ。そろそろ世間はクリスマスか・・・。

今年は男一人の企画ものができそうもない。なぜなら仕事だからだ(つまらん理由)

2014年12月24日 クリスマスイブに一人 日本最北端へ行く男(近々リメイク予定)

2015年12月24日 クリスマスイブに一人 東尋坊へ行く男

 

今宵のお宿は親愛なるソラリア西鉄ホテル鹿児島

駅前の好立地。前回泊まって甚く感動したので迷わず再訪!フロントがすごく良い匂いする。

良い匂いの女性に弱い男。

ベッドがふかふかでシャワーも湯船も広くてゆったりくつろげる。

そして部屋からの夜景。もう何も言う事は無い。

美味いメシ食って温泉入ってお気に入りのホテルに泊まって超満足の1日目だった。

2日目も懲りずに温泉と鹿児島グルメ攻めるぞ!

続く。

人気の投稿

1

「ファーストクラス」 世界中のセレブやVIP達が乗っているであろう雲の上の、いや、オゾン層の上の存在。 普通に買ったら200万をも超えるその魅惑のクラスにはどんな「Another Sky」が広がってい ...

2

男を磨くにはまず女心を知らねばならない。 そこで今回は京急電鉄が販売している「葉山女子旅きっぷ」に目を付けた(短絡的) これは切符の名前こそ「女子旅」だが、 なんと俺のような独身33歳のクソメガネ鶏ガ ...

3

バルト三国(リトアニア・ラトビア・エストニア)を実質3.5日間で巡ってきました! バルト三国に決めたきっかけは美女が多いバルト海に面した美しい街並み! 正直、仕事が忙しくて出発ギリギリまで行けるか分か ...

-旅行記, 国内旅行, ドライブ, 鹿児島, 九州・沖縄

Copyright© 旅するしばねこの放浪日記 , 2020 All Rights Reserved.