旅行記 国内旅行 兵庫 近畿

城下町「出石」散歩と皿そば

2019年11月 バースデー旅行の続きです。

この日も寒いのでのんびり兵庫を巡ります。

↓前編はコチラ

兵庫の香住に松葉ガニを食べに行こう!

11月某日。またひとつ、年をとりました。3〇歳でちゅ。 恒例となりつつあるセルフバースデー祝いも、今年は何を自分にプレゼントしようか4カ月くらい前から考えてた。我ながら無駄に周到である。 さて、スーツ ...

続きを見る

11月28日(水)

兵庫県香美町 夕香楼しょう和さんで迎える朝。

8:30に朝食開始。

カレイの一夜干し。こんなん独男生活では普段食べられないので有難くいただく。

最近、魚が旨い。最高のメシトモだ。ラーメン仲間だった身長2m近いイカツイ友人が

最近サカナしか食ってないッス

とか言い始めたのも分かる気がするわ。

名物の蟹クラムチャウダー

1.5口サイズで思ってたより小さいけど朝にはちょうどいいかも。

中のチャウダー部分をぜひスープだけで飲んでみたい。

9時チェックアウト。昔はキャッシュオンリーだったみたいだけど、最近はクレカやモバイル決済にも対応してくれるようになったようなので良かった。

一人でも泊まれるけど、小さなお子さん連れに優しいお宿な様子。

長年の目標だった香住宿泊ができて満足。お世話になりましたm(__)m

昨日と違って海が半端なく荒れている。

しかも今日はとんでもなく寒い。いよいよ本格的に冬になった感じだ。無事に旅できるだろうか・・・。

今日は19時伊丹発の羽田便に乗る予定なので、久々に伊根か天橋立方面に行ってみようかと思っていたけど、全然時間足りない事が判明・・・。ちょっとナメてたわ距離。

というわけで伊丹まで行く途中でサクッと寄れる兵庫県豊岡市の出石(いずし)に立ち寄ってみることにした!最近シブ目の旅が続いていて恐縮だが、当の本人は結構楽しんでいる(笑)

さてさて香住駅。ここからまずは豊岡まで乗車。昨日からの乗車券でOK。

どっちにしても香住に泊まってたんじゃ18切符あったとしても元取れなかったな!

1時間に1本は何らかの列車が走っているので、意外と密(に見える)ダイヤ。

9:38 香住始発の豊岡行きに乗る。

路線内の列車が動物に2回も衝突した影響で、やや遅れて豊岡行きが到着。

同じく香住に泊まっていたと思われる外国人のお兄さんがニッコリ笑って挨拶してくれたけど、なかなか粋な所に泊まってますなぁ。

日本語でしかアナウンスのない列車の遅れについてはちょっと心配だったろうに。電掲に表示されてるかな?

10:08 城崎温泉付近。

城崎で朝風呂も良いけど、さっき旅館で入ったばかりだ(笑)そんなに頻繁に入浴してたらまた風邪ひきそうなので大人しくスルー。

城崎では日帰り入浴しかしたことがなく泊まったことが無いので、これまたカニ目当てで訪れてみたい。

10:24 豊岡駅に到着。

カバンの街というのは最近になって知った。旅行用にエクストラバッグがあってもいいよな。

またしんじょう君トート欲しくなってきた・・・。

豊岡駅前。うん、確かこんな感じだった。

地方都市らしい雰囲気が好き。

駅前の交番(笑)

事故の件数じゃなくてコウノトリの数が掲示されてて和んだ。さすが豊岡。

10:38 駅前のバスターミナルから全但バスで出石へ。

Suica非対応。

豊岡駅 → 出石 580円

豊岡市街を流れる円山川に沿ってバスは進む。

やっぱり路線バスの旅も楽しいのだ。

30分ほどで出石の営業所に到着。豊岡市の出石町という一角で、江戸時代の城下町の雰囲気が残る街。

なんでここを知ったのかはよく覚えてない。でも蕎麦に釣られて吸い寄せられたのは間違いない。

内陸に入ったからか寒さはさらに際立つ・・・。風が無いのが幸いだ。

バス停からは徒歩で見どころは巡れそう。

とりあえず観光センターの方まで行ってみる。

なだらかな坂道には「出石そば」のお店が林立してる。

もちろんここへ来た最大の目的でもあるので、一通り街歩きを終えた後のお楽しみとしておこう。

ちょっと開けた土地に観光センター。ガイドなんかも頼めるようだ。

そばプリンやらそばドーナツやらそばスイーツが推されていた。

出石は焼き物も有名みたい。白磁が美しい・・・。

これを使って皿そばも盛られているはずだ。

観光センターの近くには出石城跡が。

明治時代には取り壊されてしまったそうだが、石垣などが復元されていて春には桜の名所にもなっているそうだ。派手さは無いが、控えめで良い。

せっかくなので石段を登ってみる。

稲荷参道が山口の元乃隅稲成神社みたい!

この光景は予期していなかったのでちょっとテンション上がる。

奥で写真を撮られている男性は東京から来たらしく、リタイア後は日本を隅々まで回っているそうだ。

激寒の中、さらに石段を登っていくと諸杉神社

小高い丘の上にひっそりと存在しているので荘厳な雰囲気。

神社から見える出石の街並み。控えめな紅葉もまたいいなー。

江戸時代にはこの石段が最上部の有子山稲荷神社までの参道だった。

諸杉神社からさらに山を登っていくと有子山城跡にまで行けるようだ。

なかなかのハードコースのようなので、もう少し体力をつけてから挑んでみたい。

町民の寄付で再現された模擬建築だという隅櫓(すみやぐら)

これがあるだけでもお城感が全然違うね。

出石城の散歩を終えて城下町ゾーンへ移動。

辰鼓楼は日本最古の時計台らしい。川越みたいな雰囲気だなぁ。

平日の昼間なだけあって、そこまでゴミゴミしていなくて良い。

それでも比較的観光客は多かったと思う。何気に人気な出石。

さて、そろそろ腹も減ってきたのでお楽しみの出石そばといきますか。

こんなん街中でパフォーマンスされたらねぇ(されなくても食うが)

今回お邪魔したのは官兵衛さん

外観も良い雰囲気!

出石焼の小皿に少量ずつ盛るスタイルで、出雲そばみたいで上品な感じ。

出石そばはひきたて・打ちたて・ゆがきたて三たてが決め手らしい。

5皿が基本で、一皿ずつでも追加できる。

まずは直で塩をかけていただくのが良いと言われたので試してみる。

塩が蕎麦の甘みを引き立ててうんまい・・・。つゆも濃厚でダシが効いてて素晴らしい。

色々な薬味が添えられてるけど、塩だけ軽く振るのが一番おいしかった。

一皿だとちょっと物足りないからついつい追加しちゃうのは完全にワナだ。

とろろも入れると良い感じ。最後は生卵も混ぜていただく。

バリエーションが豊富で最後まで楽しめる出石の皿そば、ハマりそう・・・。

15皿くらいは余裕で行けそうだったけど、さすがに大阪でも何か食べたいので8皿にしておいた(笑)

なんか今月は兵庫ばっかり訪れている気がするけど、北はまた全然違う雰囲気なので問題なし(笑)

未知だった出石の街歩き、そばも楽しめたし良かったー。

そろそろバスの時間なので豊岡駅に戻ろう。

12:33のバスで豊岡駅へ戻る。経由地が往路と違って少し時間がかかったけど、それはそれで良い。

豊岡駅。これも鉄道ひとり旅で吉川さんが買ってて、ちょっと気になってたホームの「カバンの自販機」

1500円かぁ・・・。ちょっとほしい(笑)

ここから伊丹まではまたひたすら乗る。

豊岡から乗るのは「電車」なのでスピード感が違う(笑)

草餅色の・・・あの・・・アレだ。

13:19 福知山行き

電車なのは良いんだけど、凄まじく揺れるしガチャンガチャンうるさいw

こんなに揺れたっけ??地元近くにも走ってた気がするけど・・・。

実は出石からは八鹿(ようか)駅までバスが出ていたけど、うまく噛み合わずやめた。

まだしばらくは兵庫県の山の中を走る。

14:36 終点の福知山。何気に京都府だったのは知らなかった・・・。

本当は麺マニアとしては福知山名物のゴムそばを食べたかったけど、ほぼ全店休憩時間で叶わず。

今度18切符で来よう。

このまま鈍行を乗り継いでいってもフライトには間に合うけど、今日は久々に伊丹空港でゆっくりしてみようと接続の良かった「こうのとり18号」に乗り継ぐ。普通切符だから990円追加して特急にも乗れるのだ。

14:39福知山発

ここから京都方面に向かう山陰本線と別れて福知山線へ。

福知山線も北の方は自然豊かで車窓が楽しめる。

さっきの草餅は暖房も効いてなくてメチャクチャ寒かったので、特急は暖かいし静かでマジ天国。

15:59 JR宝塚で降りて阪急に乗り換え。

これからは私鉄にも積極的に乗らなければいけないので忙しい(笑)

阪急の車両って高級感のあるチョコレートみたいな塗装で好き(←)

伊丹までのルートはいくつかあったけど、今回は阪急宝塚駅から蛍池まで行って大阪モノレールに乗り換える。

阪急、めっちゃ分岐しまくってて全部乗るの大変やん・・・。阪急だけじゃないけど。

伊丹にはゆとりの2時間以上前到着。国際線にでも乗るのかという錯覚さえする。

伊丹から出発便に乗るのは超久しぶり。いつも大阪からの帰りは新幹線だから。

なんかもう俺の知ってる伊丹じゃない・・・。

2020年には工事終わるんすか?全然ゆっくりできない(笑)

まぁせっかくの伊丹なのでそれっぽいものも最後にいただく。

ギュウギュウで全然落ち着かないイートインスペースでタコ焼き!

うん、フワフワでうまい。どっちかと言えばカリカリの方が好きなんだけど。

ちなみに美味しい大阪のお好み焼きをまだ食べたことが無いので、誰か教えてください。

あとはANAラウンジでダラダラする。

新しいし人が多すぎる羽田より全然良かった。

ソフトドリンクのグラスもプラじゃないし。

来年のJAL修行で伊丹は訪れる機会がまた増えるかも。

ANA修行で週4で大阪に行っていたあの頃は楽しかったな。

大阪線はさすがトリプルセブン。重厚な離着陸が好き。少し遅れたけど無事羽田には20:30くらいには到着した。

覚悟はしていたけど実質1.5日の旅程になってしまい、特に後半中途半端な旅だったけど、とりあえず目標のカニ旅館は達成できて良かった。これもジジイになった時の良い思い出となるだろう(笑)

 

では、リクエストがあったので今回の旅費とマイルの貯まり具合を見てみよう。

※これからはなるべく追記しておきます・・・たぶん。

諸費用:

ANA1101 羽田→鳥取 12290円(株主優待割引 スカイコイン2000円分充当)

ANA38  伊丹→羽田 9950円(スーパーバリュー28)

夕香楼しょう和 一泊二食付き 10950円(入湯税含む)※楽天ポイント9200Pとクーポン2000円利用

JR乗車券 鳥取→宝塚 4070円

こうのとり18号自由席特急券(福知山→宝塚) 990円

空港バス 鳥取空港→鳥取駅  470円

全但バス 豊岡⇔出石 往復 1170円

阪急宝塚→蛍池 乗車券 230円

大阪モノレール 蛍池→伊丹空港 乗車券 200円

計 40320円 ※羽田までの交通費・駐車代・食費などは含まず

獲得マイル:

フライトマイル

ANA1101 246+98(SFCボーナス)=344マイル

ANA38 210+84(SFCボーナス)=294マイル

 

ANAマイレージモール経由楽天トラベル予約 100マイル(1マイル/200円)

獲得楽天ポイント200P(→ANA100マイル)

ANAカード決済 航空券 511マイル(2.3%換算)

その他 200マイル(1.3%換算)

計 1549マイル ※厳密には若干の誤差あり

人気の投稿

1

「ファーストクラス」 世界中のセレブやVIP達が乗っているであろう雲の上の、いや、オゾン層の上の存在。 普通に買ったら200万をも超えるその魅惑のクラスにはどんな「Another Sky」が広がってい ...

2

男を磨くにはまず女心を知らねばならない。 そこで今回は京急電鉄が販売している「葉山女子旅きっぷ」に目を付けた(短絡的) これは切符の名前こそ「女子旅」だが、 なんと俺のような独身33歳のクソメガネ鶏ガ ...

3

バルト三国(リトアニア・ラトビア・エストニア)を実質3.5日間で巡ってきました! バルト三国に決めたきっかけは美女が多いバルト海に面した美しい街並み! 正直、仕事が忙しくて出発ギリギリまで行けるか分か ...

-旅行記, 国内旅行, 兵庫, 近畿

Copyright© 旅するしばねこの放浪日記 , 2020 All Rights Reserved.