山形 旅行記 国内旅行 ローカル線 青春18きっぷ 北海道・東北 宮城

2019年末は再び東北へ!18切符で巡る山形・宮城の旅!

しばねこです(・∀・)

旅行記では超ご無沙汰しております。

すみません、仕事が忙しいのを言い訳に全然更新できませんでした・・・。

コロナ関係無しに1月からずっとほぼ休みなしで働いてきましたが、さらにコロナで激務に拍車がかかり完全に死んでおりました(笑)

 

このコロナ禍の中、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?

ANAラウンジのBGMを聴いて旅気分を楽しむ人。各都道府県のグルメをお取り寄せ&調理して作ってしまう人。

旅好きの気持ちは皆同じですね(笑)

 

さて先週になってようやく少しずつですが仕事が落ち着いてきた(気がする)ので、久々に過去旅行記をアップしたいと思います。

2019年の年末は新幹線と18切符を使って山形と宮城を駆け足ですが巡ってきたのでその記録です。

今回の目的は

①18切符で東北の未乗区間を潰す!

②山形で米沢牛・冷たい肉そばを食う!!

③宮城で女川海鮮丼・牡蠣・セリ鍋を食う!!!

 

特に③の、女川のおかせいの海鮮丼!

とある関係筋から頻繁に飯テロを仕掛けられていたので、いよいよ我慢できなくなって今回はマストと位置付けております(´ー`)

 

いつも通りメシ食って電車乗ってるだけの煩悩炸裂旅行記ですが、お時間ありましたらお付き合いくださいませ。

<旅程>

1日目 2019年12月29日(日) 上野 → 米沢 → 山形 → 寒河江 → 左沢 → 山形 → さくらんぼ東根 → 新庄  ホテルルートイン新庄駅前泊

2日目 2019年12月30日(月) 新庄 → 小牛田 → 柳津 → 前谷地 → 女川 → 石巻 → 仙台 → 上野

2019年12月29日。今年最後の旅に出かけますよ。いやー色々ありました2019年。

でも健康に過ごせただけでも幸せでしょう。

さて、毎度毎度テンションの上がる上野駅改札。今回も2日間しかないので一気に山形新幹線で米沢まで向かいますよ~。

9:02 上野発のつばさ129号山形行き。

前日に早く上がれたら福島辺りに前泊したかったけど・・・無念。

でも2019年最後の旅の幕開けに相応しい列車!

今日もいい天気!昨年末の東日本は寒波で激荒れだったけど、今年は今んとこ大丈夫そう。

午前中に東北に向かう新幹線からの車窓、天気が良いと爽やかで良い!

上野から大宮までは騒音対策で110km/h規制。でも近々130km/hまで引き上げられるみたいですね。

大宮からの爆走に向けてのウォーミングアップみたいでそれもまた旅情を誘う。

宇都宮と郡山にも停まったので1時間半ほどかけて福島駅まで。

10:34 仙台に向かうやまびこ号と分かれて西へ。奥羽本線に入っていきます。こんな雪だらけの山ん中に入ると、東北に来たなーってカンジ^^

この区間は普通列車の本数が絶望的なので18切符は使いづらいです(田沢湖線も然り)

そして電波が入りません。

11:05 山形県は米沢駅に到着~!!

2018年9月の新潟オフ会の時に通った思い出の駅。ここで同じくいわきから新潟へ向かっていた旅仲間のS氏とバッタリ出くわし、昼ごはんまで一緒のお店だった(笑)

 今年の年末はまた東北で雪に埋もれてひっそりと過ごしたいの❤

秋くらいからずっと企んでいたのに・・・

雪少なっ!!

むしろ暖かすぎて全然雪国に来た感じ無いんスけど・・・。がーん。

他の方の旅行記によると米沢もかなりのドカ雪に見舞われている印象だったのに・・・。

実は米沢、2018年9月と、2019年の3月の仙台オフの時にも来てましてん。その時の旅行記は諸事情によりお蔵入りとなってしまいましたが(時庭の悲劇と呼ぼう)

3月に来たときは米沢牛のランチをべこやさんでいただいたのですが、甚く感動したのでまた行こうと思ったら年末だからランチやってないと・・・。

そこで2018年の9月にS氏と鉢合わせた(本当に想定外)伝説の牛鍋おおきさんで米沢牛ランチをいただきます(´-`*)

いずれのお店も駅から歩いてすぐなので、列車の待ち時間に気軽に立ち寄れますよ(値段は気軽じゃない)

人間、特選という言葉に弱い。しかも今ならリブロース30g増しのサービスあり。ほぼ即決で注文。

年末の贅沢こそ正義。ジャスティス!

を合言葉に引き続き贅沢を正当化していく。ジャスティス米沢牛!

鍋を覆いつくす米沢牛のリブロースに垂涎!

蓋をして、火がある程度通るまでのおあずけタイムがまたたまりませんなぁ・・・。

普段、肉は全く食べないんですが、旅先ではせっかくなのでと財布のリミッターを外しがちです。ジャスティス。

はい。もう見ているだけで幸せですね。甘くとろける米沢牛に溶き卵をまとわせて口に運べば、今年一年の嫌なことも一気に忘れそうです。

幸せ過ぎて大晦日からの〇〇連勤の事まで忘れてしまいそうでした。むしろそのまま忘れてしまいたかったです。

とりあえず目的の米沢牛をクリアして満足。

同僚おすすめのお店、登起波さんにも今度行きたいけど、車が無いとなかなか厳しい・・・。

その同僚は毎年奥さんと記念日に通っているそうな。


米沢で肉を食うという単純明快な目標も達成し、お次の目的地へ。

ここからは18切符を使って奥羽本線を北上しますよ(地元駅から上野駅まで乗ってるのですでに入鋏済)

12:27米沢発 新庄行き 普通列車

赤湯駅。山形鉄道・フラワーラインの列車が停まってる。これは3月の「時庭の悲劇(←)」で全線完乗できなかった悲しい思い出の路線です・・・。

そのうち週末パスあたり使ってまた来ないとな。赤湯や高畠では駅近温泉が楽しめるし。かなり熱いらしいので入る勇気は無いんですが。

 

お?あれが蔵王山かな?やっぱり雪少ない(笑)

米沢から山形までの車窓もなかなか良い!かみのやま温泉を通過。

13:15 山形駅。

宮城に抜ける仙山線なども乗り入れているかなり大きな駅。

でも今回は仙山線には乗らない。ずっと温めていた左沢線(あてらざわせん)に乗るのだ!!

なかなか来にくくて、今回は何が何でも乗ってやろうと思ってました。

左沢線は山形市の北山形駅から大江町の左沢駅までを結ぶ 24.3kmのローカル線。JR東管内でもかなりマニアックな路線なのではないでしょうか??

しかも「あてらざわ」なんて地元の人と鉄オタしか読めないんじゃないかな(笑)ちなみに俺は鉄オタじゃないので読めませんでした(←)

しかも行き先は寒河江駅(さがええき)。こちらも難読・・・。

奥羽本線は電化されていたけど左沢線はディーゼル。ローカル感があってよい。フルーツライナーって響きがフルーツ大国・山形らしい。

三角マークは出羽三山と最上川がモチーフ。

13:24 山形発 寒河江行き

山形から北山形までは奥羽本線を走り、北山形から西にそれて左沢線に入ります。

車窓は住宅地などが多く特に面白みは無かったんですが(笑)

気が付けば寒河江に着いてました。この先、全線乗り潰すべく終点の左沢まで行くには15:54発の列車を待たないといけないので2時間待ち!

左沢線自体の本数が少ないので注意が必要です。

まぁせっかくここまで来たので寒河江付近で時間を潰そうと思います。駅名標は特産のさくらんぼスタイル。

寒河江駅、途中の主要駅のようで車庫的な設備もあるみたいです。

ところで寒河江ってさくらんぼ以外に何があるんだろう??

駅前は寂しげで何もないけど結構立派な寒河江駅。

さて、これから2時間何をしようか・・・(笑)

寒河江観光ガイド

特に前情報もなく来たので駅で調べまくり(笑)

今は真冬の年末なのでさくらんぼ狩りなんてシーズンではないし(シーズンでも男一人で行かない)

しかし他にも日帰り温泉も楽しめるようで、近くの入浴施設を探してみることに。雪見温泉とはいかないけど、全然OK!

ゆ~チェリーHP

駅からはとても歩けないけど、タクシーならそれほどかからず行ける距離に良さげな日帰り温泉はっけーん!

その名もゆ~チェリー

そのまんま過ぎて潔い。

早速駅前のタクシー乗り場へ。おっ?500円割引とか有難すぎますやん!

でも使える行き先にチェリーが乱立しており、俺が行きたいチェリーはどのチェリーなのか全然分からん!!(笑)

配車前にタクシー会社に確認すると、ゆ~チェリーも割引対象との事。良かった~太っ腹だなぁ寒河江タクシー。

これが車内でもらったチェリーチケット。

お陰でゆ~チェリーまで往復1080円でタクシー利用ができました(しかもPayPay対応)

こういうのがあれば一人では利用しにくいタクシーも比較的気軽に利用できると思います。

タクで10分ほど。最上川も程近い場所に寒河江花咲か温泉ゆ~チェリーはありました。ホテルなども併設されており、さながらリゾート地のよう。

山形自動車道の寒河江SA・寒河江スマートIC降りてすぐ。

ゆ~チェリーHP

湯口がさくらんぼという徹底ぶりの露天風呂(笑)

それはともかく最上川を眺めながら入る露天風呂は熱すぎずで最高でした。ゆーても山形も昼過ぎから曇ってきてかなり寒くなってきたので。

2時間の乗り継ぎ時間を有効に使うにはもってこいの施設でした。

皆さんも寒河江に来たら立ち寄ってみては?

(入浴料500円とタクシー代1080円)

チェリースポットでゆっくり温まり、帰りも寒河江タクシーさんに再びお願いして寒河江駅まで。

「あー先ほどのお客さん?」

そうです。チェリーチケット使ってゆ~チェリーまで乗せてもらったチェリーです。・・・って誰がさくらんぼか。

流石東北の駅は防寒対策もしっかりしてそう。そして何気にもう門松。そういや年末だったなぁ。

全然雪は拝めなかったけど、またチェリーハント(さくらんぼ狩り)しに寒河江に来るよ。もう一回(^人^)☆(←分かる人は同年代)

15:54 ようやくやってきた下りの左沢行き!

コイツでサクッと残りも乗り潰しちゃいましょう。

寒河江から先は山々に囲まれてのどかな雰囲気が漂います。

が、相変わらず雪は無い(笑)

16:08

終点の左沢駅に到着!もう日も暮れかけてる・・・。今度はさくらんぼじゃなくてラフランスになった。

駅前はさらにローカルに。ドラッグストアが一応あるけど。

時間があればもちろんトレッキングしてみたかったけど、今日はこのまま乗ってきた列車で折り返します。

大江町か~。ゆっくり巡ってみたいなー。

ローカル線の終着駅ではなかなか時間が取れないことが多くて残念。

16:15 左沢発

乗ってきたやつでそのまま折り返して再び山形駅へ。全然未開の地だった山形の真ん中の雰囲気を味わえただけでも良かった~。

16:56 山形駅。

ここから今日の宿泊地・新庄まで向かいたいけど、普通列車の新庄行きは1時間後!

これまた本数少ないでやんす・・・。駅ビルの本屋で適当に時間を潰してようやく乗り換え。

17:54 新庄行き。

18:25 山形から30分ほどのさくらんぼ東根駅で途中下車。

もうさくらんぼに洗脳されてしまいそう・・・

なお、大塚愛は可愛い。 イエイ

山形と言えば「そば」

ラーメンも好きだけどそばも好き。夜にそばってあまり食べないけど、昼に肉食べたから(てか昼じゃないと手が出せないから)夜はさっぱりそばにしようと思ったわけです。

有名な大石田の七兵衛そばの分店が東根にあったけどとっくに閉まってる時間。でも東根には他にも美味しそうなそば屋さんがあったので降りてみました。

七兵衛そばは今度車で行こうと企んでおります。

東根駅から歩いて10分ほどの東亭(ひがしてい)さんで今日の夕食。ちょっと早い年越しそばにもなるし丁度いいんじゃない?

注文したのは寒い中「冷たい肉そば」!

寒いけど山形と言ったら冷たいやつかな、と。ゲソ天のトッピングがオススメらしいので、温と冷でバランスを取る(笑)

ご覧の通り太目でかなりコシがあるタイプ!俺好みのそばやわ~。

食べ応えがあってうんまい!つゆもスッキリしてて本当に食べやすい。ゲソ天もサクッと揚がっててかなり良いアクセントに。これは大盛にしなかったことを後悔・・・。

山形の冷たいそばリピート確定。これにて山形のお目当てグルメはいずれもクリア!


大満足の夕食を終えて東根駅へ戻ってきました。

キーンと冷え込んだ駅前を歩いていると年末の東北だなーっと少し実感が湧いてきたり。

今年も東北にして良かったな。

19:28 本日最後の乗車、奥羽本線新庄行き普通列車。

今日はあんまり18切符活用できずだったけど、楽しかったから良いのだ!

20:10 今夜の目的地 新庄駅に到着~!

ここも陸羽東線・西線・奥羽本線が乗り入れるなかなかの重要駅。

ホテルは駅前のルートイン新庄駅前。てかルートイン泊まるの初めてかも。

年末だけど6350円で取れました。大浴場があったのが決め手!

明日の予定、また全然決めてないので部屋である程度は形にしておかないと(笑)

2020年6月1日現在、ホテルなんてしばらく泊まってないな・・・当たり前が幸せだったな・・・。

こうして年末東北旅の一日目・山形編が終了。

おやすみなさい。

2019年12月30日 新庄駅

今年も残すところあと二日間か~。

今日は陸羽東線を使って宮城方面へ!頑張って6時に起きたぞ~。

さすが新庄駅。行き先表示がメッチャあって楽しい。ここも10年以上前に来たっきりだから全然覚えてない・・・。

今度は奥羽本線を湯沢(稲庭うどん)・横手(焼きそば)・秋田(しょっつる鍋・きりたんぽ)と、さらに下ってグルメ旅を完遂させるつもり。

7:20 新庄発の陸羽東線鳴子温泉行き。

奥の細道湯けむりラインの相性が付けれらており、その名に恥じず有名温泉地を駆け巡る路線。何気に初乗車なので楽しみです。

車両の赤ラインがちょっとオシャンティー。

車内ほぼ貸し切りYeah!!

東北に良くあるフォーメーション2-1。

進行方向左側の座席を難なくゲットし、いざ宮城へ!

さっきまでモヤってたけど、ちと晴れてきました。

朝ののどかな田園風景を行く。

いやーこの眺め最高ですね。県境に近づくにつれて流石に雪景色が見られるようになってきました。

途中下車したい駅がたくさん!

覚えました。むすび丸。ここから宮城県に入ったわけですね。

宮城県知事のマスクに顔をのぞかせていたカワイイあいつです。

ここまで瀬見温泉・中山平温泉と温泉シリーズが続きます。この辺りは宮城在住のNさんや東北変大使Sさんに色々と聞いてから訪れるのがベターかな、と。ご教示お願いしまーす(笑)

今回は残念ながら乗り潰しメインで、女川の海鮮丼食べに行きたいので行きたいのでスルー(6:01の始発に乗ればもっと色々巡れたのでは・・・)

たぶん鳴子峡。

油断してたら完全に出遅れました(笑)

8:21 終点・鳴子温泉~!

山ン中で良い雰囲気~。

ここで小牛田行きに13分で接続。せっかくなので駅の外へ出てみましょう。硫黄臭ハンパない。

こけしこけしこけし!

色々表情もあるんだなぁ・・・。日中はホッコリするけど、闇夜に浮かび上がってきたら不気味すぎる。

なる子ちゃん。

頭部と胴体がアンバランスすぎて原子核と電子みたい。

駅前のこのアングル、良く見たことがある。

硫黄臭が漂っていてイイ感じに温泉地の様相。かなり湯温が高いらしいので入れるか不安ですがいつかゆっくり来てみたいところです。

8:34 鳴子温泉発 小牛田行き。

結局陸羽東線はほぼ乗ってるだけ(笑)

日も大分昇ってきました。年末らしく、のんびりローカル線に揺られるのは最高の気分。大崎市は部活の後輩の地元でもあるので興味深く車窓を眺める。

震災の時も震度7を記録した所ですよね・・・。

9:31 小牛田。陸羽東線完乗。

ここから石巻経由で女川まで行きたいけど鬼畜の2時間待ちw

やばい、何もない・・・。だから始発に乗っていれば・・・。

昨日旅程を考えてるときに眠くて、小牛田で石巻線に接続できないのに、できると勘違いしてこのザマです(笑)

途方に暮れて駅前をブラブラ。激寒なのでグーグル先生で近くのカフェを探してみます。

ま、そうなっちゃいますよねー(´Д`)

このまま11:36の女川行きを待っていても仕方ないので、駅のベンチで少し時間を潰し、10:40の気仙沼線で鉄路で行ける最遠の柳津(やないづ)まで行ってみることにしました。

そのまま柳津から折り返せば、結局前谷地駅でその女川行きの列車に乗れることが分かったからです。

10:59 前谷地 ここで石巻線と気仙沼線に分岐。せっかくの18切符なので乗れるとこ乗っておきましょう。

のの岳駅。近くにある箟岳山が由来。ののたん。

北上川を渡ると終点の柳津が近付いてきます。天気悪くなってきたけど、これはこれで幻想的で良いかも。

11:21 柳津

ここから先、気仙沼線の線路は津波で流されてしまった・・・。悲し過ぎる・・・。

ここから気仙沼まではBRTの運行。時間が無いのでここで折り返します。結局一度も乗れないまま。

実は前谷地と柳津は鉄道だけでなくBRTでも結ばれているみたいです。

折り返しまで10分あるので併設の物産館をプラプラしたり。震災の爪痕に心を傷めたり。月並みだけど乗って、訪れて、買って応援しようと!

今度はBRTも駆使して南三陸町に行きたい!

13:31 柳津発 小牛田行き。ただ乗ってただけだけどちょっと気仙沼線も一部乗り潰せましたね。

前谷地で石巻線に乗り換えて12:49女川着。

女川初めて!来たことないのにやたら親近感があるのはなぜだ(笑)

ムフフ。さーてここではこの旅一番の楽しみ、ハマテラスにあるおかせいの海鮮丼が待ってるぜ!!

雨が鬱陶しいけど、もうメシの事しか考えていないので無視無視!

一目散にお目当てのお店へ!これのために朝から飯抜きなのです!

シーパルピア女川HP

サカナ♪サカナ♪<゜)))彡

行列も覚悟しなきゃなー。

このまま忘れられなくて

閉じ込めてはいられなくて 踏み込んじゃいけないとわかってても 

この気持ち どうしても gotta let you know

曲:let go  m-fro loves YOSHIKA

一瞬、何が起こったか自分でもよく分からかったのです。

12時台に完売だなんて。そうだよね。市場の朝は早いもんね。大人気店だもんね。僕が浅はかだったよ。

でもここまで来たからにはタダでは帰らない。他のお店だって沢山あるんだから。

壊れそうな位 不安になるだけ

Oh why 独り占めしたくなるの

何も言わずに ただ君の愛がここに欲しいよ

さらば女川。引きずっていたって列車は待ってくれないよ。

叶わなかった恋におぼれていても仕方ないので let go。そう俺はnot Mr.Heartbreak(←完全に壊れた)

13:21 女川 → 13:47 石巻

そもそも30分程度の滞在じゃいずれにせよありつけなかったんじゃないか疑惑。

切り替え大事なので石巻で海鮮が食べられるお店を必死に探すも営業時間外ばかりでほぼ全滅・・・。

ようやく見つけたのがコチラ。なんか式場に使われる系のお店でイメージ違うんだけど。

俺の心を写すかのような土砂降りの中歩くこと10分以上。もう空腹も限界です。一体誰のお祝いだ。

あぁぁやっとありつけた海鮮丼(2150円)

コスパやら何やらは別として、とりあえず良かった。女川と石巻は完全に見切り発車で来て大事故になった感が否めないので、ちゃんと下準備をして再訪しよう・・・。

結局牡蠣も食えず無念すぎる・・・。

そうそう、石巻は俺の旅行記でちょいちょい名前が出るS氏(変態)のゆかりの地。

もっとゆっくりできれば面白かったんですけど、明日も仕事なんで帰りの新幹線が早いんですよ。

ちょっとあちこち欲張り過ぎましたね(笑)

駅で見かけたポスター。

うわー。こんなん反則やん。本当に本当に泊まってみたい街。コロナが開けたら今冬にでも行きたいな!

14:59 石巻発 仙石東北ラインで仙台へ。途中の高城町から東北本線に入る快速のようです。

ハイブリッドタイプの初めて乗る車両。すごい。

お陰で仙石線は松島海岸⇔高城町間が未乗のまま残ってしまったのはご愛嬌(笑)

15:59 石巻からジャスト1時間で仙台に到着!

もう年末のシメは決まっている。

駅近のビルにある蔵の庄さん!

昨年末に一人セリ鍋して感動したので今年も来ちゃいました。

コチラはちゃんと16:30から(←早)予約しておいたので女川の悲劇の二の舞にはなりませぬ。

毎度テンションの上がるおしながき❤

ジャスティス浪費発動。

今年も一年お疲れ!俺!コーラウマすぎぃ!!

ハイレベルお通し。これにはお金払う価値ある。チェーン店のそれとは比べ物にならない。

蔵王産プリンセスキャロットの天ぷらの甘い事甘い事!!こんにゃくも赤カブも絶品(;´Д`)

目の前で焼いてもらう焼き魚がまたたまりません!

今日は穴子にしようかな。

穴子の白焼き(´ー`)

肉厚でワサビを付けていただくとまぁ天国よ。

さーて、今年のシメも一人セリ鍋ですよ^^

根っこごと食べるセリの風味と食感に完全にハマった・・・。この素晴らしさを職場の人に伝えても全然ピンとこないみたい。

やっぱ現地で食べさせないとだめだな(笑)最後は雑炊にして余すところなくいただきました。幸せ~。

 

ちょーちょむすびさんはもちろん、こちら蔵の庄さんの焼き魚やセリ鍋も絶品ですよ!何より駅から近いので便利です。いつかここでも飲み会開きたいですねー。

女川と石巻では課題が残ったけど、とりあえず終わり良ければ、ってやつですね!

仙台駅を見ると今年も終わりって感じだなぁ。

最後の最後のお楽しみ!はやぶさ32号への乗車^^

やまびこが早割で安かったんですが、最後はやっぱりはやぶさに乗りたい(笑)

19:58 上野駅

後ろに連結されたこまちを見送ってから地元へ帰ります。

これにて2019年最後の旅は終了。こんなに東北が好きになったのは旅仲間たちの影響に他なりません。

まだまだ未踏の地だらけの東北ですが、コロナ禍が落ち着いたらすぐにでも行こう!

 

次回はまた時間ができたら過去旅行記をアップできたらと思います。

皆さまも体調にお気をつけて!

諸費用:

青春18きっぷ 2回分 4820円

山形新幹線 つばさ129号 9320円

ホテルルートイン新庄駅前 6350円

寒河江タクシー 1080円

寒河江温泉 ゆ~チェリー 入浴料 500円

はやぶさ32号 仙台→上野 9950円

計 32020円(食費含まず)

人気の投稿

1

「ファーストクラス」 世界中のセレブやVIP達が乗っているであろう雲の上の、いや、オゾン層の上の存在。 普通に買ったら200万をも超えるその魅惑のクラスにはどんな「Another Sky」が広がってい ...

2

男を磨くにはまず女心を知らねばならない。 そこで今回は京急電鉄が販売している「葉山女子旅きっぷ」に目を付けた(短絡的) これは切符の名前こそ「女子旅」だが、 なんと俺のような独身33歳のクソメガネ鶏ガ ...

3

バルト三国(リトアニア・ラトビア・エストニア)を実質3.5日間で巡ってきました! バルト三国に決めたきっかけは美女が多いバルト海に面した美しい街並み! 正直、仕事が忙しくて出発ギリギリまで行けるか分か ...

-山形, 旅行記, 国内旅行, ローカル線, 青春18きっぷ, 北海道・東北, 宮城

Copyright© 旅するしばねこの放浪日記 , 2020 All Rights Reserved.