旅行記 国内旅行 福岡 九州・沖縄

【オフ会】2018年2月 福岡で旅好きとモツ鍋オフ会!

2015年10月某日。

当時俺は悩んでいた。

 

周りにガチの旅好きっていないんだよな・・・。

 

改めて言うと、俺は計画から移動から現地での観光から振り返りまで、全部含めて旅が好きだ。

しかし周りにはインドア派が多く、車や公共交通機関さえ滅多に利用しない人も結構多かったのだ。

もちろんそれが悪いと言ってるんじゃなくて、自分と趣味が合う人が近くにもいればもっと楽しいだろうなってこと。

そして閃いた。

 

旅好き同士で、しかも同年代っぽい人たちと集まって飲み会やったら絶対楽しいんじゃないだろうか?

 

そこで、当時某SNSで交流のあった、年齢の近そうな人たちに思い切ってメッセージをしてみた。

 

旅好きでオフ会しませんか?

大阪で

 

敢えて大阪にした理由は狙っていた人たち(←)が関西在住の人が多かったから・・・ってのもあるけど、

せっかく旅好きのオフ会なんだから旅の中に組み込みたいという下心でわざわざ関東から距離のある大阪にしたのである。

 

多少の交流はあったけど、実際はどこの馬の骨だか鶏のガラだか分からない野郎からいきなりメッセが来たらさぞ驚くし怪しむだろう(笑)

しかし反応は上々で、是非に!というお返事を皆さんからいただき喜び勇んで決行!

こうしてドキドキの第一回オフ会は2016年3月、阪急東通り商店街の某串カツ屋で開催。その流れであれよあれよと続くこと続くこと。

そして2018年2月。結成2年目の新年会は福岡でとなったわけです。

 

皆さんへの感謝の気持ちと、今とても行きたい福岡への気持ちが重なってこの記事を書こうと思った次第です。

2018年2月3日(土)

無事仕事を早上がりして地元から東京駅へ!東京駅地下街の白えび亭で遅めの昼ごはん。惜しげもなく白エビが乗っていてたまらん。ちなみにブリ天も美味しいです。

土曜の早上がりってなんて幸せなんでしょう。ましてや夜に遠出&飲み会が控えてたりなんかしたら朝からウッキウキ。

癒しの羽田ANAラウンジで搭乗を待ちます。

これから多くの不摂生が予想されるので、意味が無いと分かっていても牛乳。

呑みテツや飛行機の上級クラス・ラウンジでお酒をたしなめる大人になりたかった・・・。

ANA261便 福岡行 B767

ここから約2時間の空の旅。第6の故郷・福岡へのフライトはいつもテンションあがる~(・∀・)

せっかくなのでプレミアムクラスへのアップグレードを試みたけど15人待ちで撃沈・・・。

幹線でダイヤ様にはSFC如きでは歯が立たないのです。

すでに九州入りして指宿を堪能しているメンバーもいて、オフ会の前後も旅を楽しむスタンスもまたステキです。

福岡空港に着くや否や、オフ会参加者のS氏から俺の乗った261便を地上から激写され画像が送られてきたw

どうやらフライトレーダー24で追跡されていたようだ。

こんなものを送り付けてくるS氏は紛れもない変態である。

なお、それを見て喜んでいる俺もまた変態である。

時間も迫っているので早々に今夜の宿にチェックイン。

中州に程近い西鉄イン福岡

工事中で窓が開けられなかったけど安かったし全然良い。オフ会参加者のmさんと実は同じホテルだった。

今回の会場はコチラ!地下鉄赤坂駅近くの博多 表邸さん

もつ鍋×呼子のイカという絶対条件で探しあてたお店。全然知らなかったけど、どうやら接待とかに使われるお店らしく、先に現地に到着していたメンバーからは

皆と一緒じゃないと入り口の写真が撮れないくらいの高級感

ドレスコードで弾かれる

高級過ぎて素通りした

などと不安を煽るラインがバンバン入ってくる(笑)不相応なお店を予約してしまったんだろうかと若干焦る。

まぁ自分は接待なんか受けるより皆の旅話を聞ける方が全然嬉しいけどね。

全国から集まった総勢9人の旅人による福岡新年会!みんなガチカメラ持ってカンパーイ!!

新メンバーのBさんも加わっての楽しい宴。

ブロガーの集まりなので当然このような絵面になるわけだが、傍から見るとかなり異次元。

最初は怪しいツボでも売られるんじゃないかと不安だった

本当にみんな来るのか心配していた

余計な心配をさせてしまって申し訳ない気持ちでいっぱいだ(笑)

でもなんだかんだ皆集まってくれて俺はモーレツに嬉しかったですよ。

〇ルサーチのツボも売らないし、宗教に勧誘なんてのも全く興味ないから、存分に旅の話を俺に聞かせてくれぇ!!(ある意味厄介)

ただこの先何年にも渡り、各地へ招集かけられるとは思ってもいなかっただろう(フフフ)

オフの世界では皆、立派な社会人のお兄さんお姉さんなので名刺交換も(笑)

私もいただいた名刺はまだ大切に持っています。

旅好きと言っても職種は本当に様々。みんな旅を励みにしつつ普段は仕事を頑張っているんだなぁと。

この会の良いところは仕事の利害やら上下関係やら何も気にせず、ひたすら旅について語れるところ。

むしろ旅以外の余計な話はしないというくらいストイックな集団。

今回は3800円の塩もつ鍋コースにしました。外観の高級感ほどお高い印象もないので安心。

なぜか遅れてやってきた刺身。でもそんな事はこのハイテンションな状況を鑑みればもはやどうでもいい。やっぱり魚もうまい!

 

軽く自己紹介をして、恒例の「ここまでどうやって来たか」の発表会。

大阪からエヴァ新幹線こだまで来た者、スターフライヤーに乗りたくてわざわざセントレアから来た者。実に様々。

是非みんなに食べてほしかった佐賀・呼子のイカ!

この透明度!歯ごたえが良くて甘みのあるイカが福岡市内で食べられるのは有難い。

評判も良かったので一安心^^

「呼子のイカが旨い」という話が普通にできるのも嬉しい。

ゲソはイカスミ入りの天ぷらに!確か普通のも選べたけど、鶴の一声でイカスミに決定。

映えるしめっちゃ美味しい。

そしてお待ちかねのモツ鍋!

てか〇郎系かと見まがう盛りの破壊力。

自分で予約しておいてふざけてるんですけど、実はモツは食感が苦手なんです。でも味のしみ込んだ鍋のスープと野菜は大好物なんで心配なさらず(笑)

しかも最近は福岡のモツは食べられるようになってきました。それは紛れもなく、愛。

〆はちゃんぽん麺!

余すことなく楽しめました。幸せ~。

食後はいつから始まったのかさえ良く覚えていない恒例になったお土産交換会(物産展)

皆全国各地飛び回っているので毎回津々浦々のお土産をいただけます(笑)

いつも家に持ち帰って思い出しながらチビチビ食べさせてもらってます。ありがとうございます。

せっかく福岡に集まって1次会で解散なんてあり得ない!(むしろ皆が夜に自宅に帰れない場所、宿泊が必要になるようなで場所で開催し始めているのは薄々気付かれていると思う)

大名をフラフラ歩いて大人数でも入れそうなオシャレなお店を発見!

ハイ、2度目のカンパーーイ!!

意図せずほんのり鉄派と空派に分かれて着席しており、各々マニアックなトークに花が咲く。

ここら辺の時間からさらにエンジンがかかってきて変態度が増してくるW

話は普段使っているクレジットカードの事に。

あれよあれよとトランプのように提出されていくカードたちw

自分たちのことながらかなりヤバイww

ANAカード、SPGアメックスなど色々工夫してマイルを貯めたりしていてとても参考になる。

「HAPPY BIRTHDAY♪」

お店のミラーボールが突然回転し始め、歌が流れ始める。

どうやら今日が誕生日のお客さんがいて、同行者からのサプライズがあったようだ。

お陰でさぞ特別な夜になったことだろう。我々も別の意味で特別な夜を過ごしていたけどな。

名残惜しいが2次会も終了。福岡の夜は本当に楽しかった・・・。

第一期からお世話になっているS氏はホテルの方面が一緒なのでダメ押しのもう一杯(意味違う)

アクセスのよかった一蘭の本店に足を運んでみた。

S氏は「チェーン店でごめんなさい」と申し訳なさそうにしていたが無問題。

この日の福岡は激寒であまり長時間歩きたくもなかったし、福岡でラーメンを食べることに意味があるので。安定の美味さだし。

いつも付き合ってくれてありがとうございます。

こうして福岡オフ(宴会の部)は終了。大好きな福岡でグルメに舌鼓を打ちながらの飲み会は最高でした。

翌日は有志で佐賀の武雄温泉まで出かけました(機会があったら書きます)

 

2020年6月現在で発足4年。今はコロナ禍でオンラインに甘んじていますが、変わらずの関係で付き合ってもらっている事に感謝しています。

また日本のどこかで心置きなく旅の話ができることを願っています!

 

人気の投稿

1

「ファーストクラス」 世界中のセレブやVIP達が乗っているであろう雲の上の、いや、オゾン層の上の存在。 普通に買ったら200万をも超えるその魅惑のクラスにはどんな「Another Sky」が広がってい ...

2

男を磨くにはまず女心を知らねばならない。 そこで今回は京急電鉄が販売している「葉山女子旅きっぷ」に目を付けた(短絡的) これは切符の名前こそ「女子旅」だが、 なんと俺のような独身33歳のクソメガネ鶏ガ ...

3

バルト三国(リトアニア・ラトビア・エストニア)を実質3.5日間で巡ってきました! バルト三国に決めたきっかけは美女が多いバルト海に面した美しい街並み! 正直、仕事が忙しくて出発ギリギリまで行けるか分か ...

-旅行記, 国内旅行, 福岡, 九州・沖縄

Copyright© 旅するしばねこの放浪日記 , 2020 All Rights Reserved.