旅行記 国内旅行 ドライブ 鹿児島 九州・沖縄

男二人でGoTo使って九州ドライブ第二弾!【鹿児島編】絶景のカフェマーリーと霧島神宮

南九州ドライブの続きです!

随分遅くなってしまいすみません・・・。

<旅程>

2020年10月23日 羽田空港 → 宮崎空港 → 青島 → 道の駅フェニックス → 港の駅めいつ → 飫肥 → 鹿児島・城山観光ホテル泊

2020年10月24日 鹿児島 → 枕崎 → カフェマーリー(頴娃) → 霧島神宮 → 国分 → 鹿児島空港 → 羽田空港

男二人でGoTo使って九州ドライブ第二弾!【宮崎編】日南絶景ドライブと絶品カツオ炙り重

K「前回の九州メッチャ良かった。今度は香川のうどん食いたい。」 俺「そうか、それは良かった。宮崎は南もいいぞ。」 K「出雲大社とかも行ってみたい。」 俺「そうか、鹿児島も飯は旨いし景色も最高だぞ。」 ...

続きを見る

宮崎の飫肥を後にして、あとはひたすら国道222を西進。

もう日も暮れてきて山道の運転も物寂しいなぁと。

助手席のおじいちゃん、激務からの早朝出発でそろそろオネム。

今のうちにゆっくり休んでけろ。

1時間ちょっと走ると・・・おお!!

夕焼けの桜島と錦江湾!!

しょっちゅう噴火してて灰とか大変そうだけど、雄大な鹿児島のシンボル。

高速も使用。俺たちの前の車がやたら左右にフラフラするブレーキ魔で、あれは完全にスマホいじってるな、と警戒しながらの運転で神経使った・・・。

途中、桜島PAで休憩。

ようやく鹿児島市内へ。

とりあえず宿にチェックイン。

今回は安定のソラリアではなく城山ホテル

Kのリクエストもあったのでこちらにしてみました。

荷物を置いてから市内中心部に戻り、安定の「吾愛人」へ(笑)

手っ取り早く鹿児島名物を食べるならここがラクチンなのだ。おいしいし。

で2名で南九州の宴を!

きびなごはベタに注文。臭みも全くなくて美味。

今のうちから血管をしなやかに保ちたい俺は刺身を注文(白身だけど)

かたや欲望のままに肉と米を注文する同い年でもアグレッシブなK。

豚しゃぶも外せない。会計もGoToのクーポン使えて持ち出しほぼ無し。40分程度の滞在で速やかに退席。

今思えば素晴らしいキャンペーンだったな、と。でも混むのもイヤ(笑)

隣のカウンターで一人飲みしていたお兄さんに話しかけて3人で飲むのも楽しそうだったけど、コロナ禍のため自粛しておきました。

旅先での交流すらが制限されるのもしんどい・・・。

シメはやっぱり鹿児島ラーメン(´ー`)

歩いてすぐのところに評価が高いラーメン屋さんがあったので(笑)

よしみ屋さん

小ラーメンがなんとワンコイン(笑)

もうさすがに大は入らないので・・・。

小ラーメン(500円)

評価の通り香ばしさがアクセントの、シメに相応しいラーメンでした!やっぱり九州のラーメン好きだー。

だがしかし、鹿児島の夜はこれで終わりではない。

2016年末に偶然発見して以来、ずっと気になっていたクレープの自販機

見てください。闇夜に輝き、なんとも胡散臭い文化祭感満載自販機を。

散々紹介しておいては自分では食べたことがないという、男らしくない自分にバイバイだ。

ちゃんと食後のデザートに取っておいたのでラーメンも小サイズだったのだ(血管の件無視)

本当に買うんスかwww

当然だ。男に二言は無い。お金を入れて恐る恐るボタンを押すとキンキンに冷えた瓶が無事に出てきた。

想像以上にキンキンだww

しかし肝心のクレープが瓶からなかなか出てこないw

取り出すのに必死。やはり一筋縄ではいかない。

ようやく中身を引きずり出し、一口。

あれ、結構ウマイ・・・

悔しいけど、全然食べられる・・・。確かに甘いけど、個人的には許容範囲内。さっきまで散々食べてきた鹿児島グルメの余韻を刹那に打ち砕く破壊力ではあるものの、想像以上のクオリティにまた食べてもいいかなって気にさせられてしまった(笑)

皆さん、天文館を訪れた際はぜひ。

城山ホテルHP

鹿児島の夜も十分満喫し、ホテルに帰ってからはお楽しみの展望露天風呂!

夜景もとても綺麗で、市内や桜島が一望できる開放的なお風呂は最高でした。たまて箱温泉といい、鹿児島の露天風呂は本当に素晴らしい。

ただ風呂場ではスリッパに目印を付けたのにも関わらず履き間違えられ消失!

スタッフの方に新しいスリッパをいただけたので助かりましたが、ほんと勘弁してほしいです。

お互いイヤでしょう!オッサン同士でスリッパのシェアなんてww

さて、気を取り直し2日目。この日は鹿児島をドライブしますよ~。

Kの希望 → 霧島神宮・丸尾滝

俺の希望 → 枕崎・頴娃のカフェ

全く逆方向。

たがそこは男二人ドライブ。力技でどっちも行く事にした。鹿児島空港から帰るので、先に枕崎へ向けて南下することに。

今日もいい天気。

鹿児島市から枕崎までは1時間ちょっと。

前回の旅で貸し切りのため入店できなかった「魚処なにわ」さんでお昼ごはん。

頼んだのはぶえんカツオ丼。

温玉がまたそそりますねぇ・・・。正直切り身もお米も多すぎて腹パンパンになりましたが、枕崎のカツオもやっぱり美味です。

人気店で次から次へとお客さんが入ってきたので早めの入店がおすすめです。贅沢なランチでございました。

食後はシーサイドドライブ。次の目的地を目指し国道226号を指宿方面に東進します。

この景色、メチャクチャ好き。

途中の瀬平自然公園。開聞岳がバッチリ見える絶景スポットです。

ここで2016年末に近くでカフェを開業するという一人の男性と出会いました。その後無事オープンされたようで、随分と遅くなってしまいましたが満を持して訪れてみることにしたのです!

瀬平自然公園から車で約1分(笑)

こちらが「カフェ マーリー」さん

海外にあるオシャレカフェを彷彿とさせる外観。むしろ知らなくてもフラッと立ち寄ってしまいそうなカフェです。

いや、メッチャ雰囲気良いな。色眼鏡とかじゃなくて、客観的に見てもすごくオシャレ。

ここのオーナーはケンサクさんという方で、もう4年も前なので自分の事なんて覚えてないだろうなーと思いながらも、それらしき男性に声を掛けてみるとそれは間違いなくケンサクさんご本人で、なんと自分の事も覚えてくれていました!

来た甲斐あったぜ(涙)

本当はこんな絶景眺めながらゆっくり話したりしたかったけど、時間が押しておるのでアイスコーヒーだけしか頼めず。

ここはロケーションも抜群ですが、オーナーの人柄もあって人気があるみたい。

幸い喜んでいただけたので、今度はゆっくり仲間連れてきますね。てかこんなん絶対また来ます(笑)

願わくばデートで

名残惜しくもケンサクさんに別れを告げ、次の目的地霧島神宮へ。

相変わらずこんな絶景なのでドライブが楽しい事楽しい事。

指宿スカイラインの途中、須々原展望台で小休止。

まじ帰りたくないんだが。

さらに1時間半ほど車で北上し、ようやく霧島へ。

こんなに鳥居でかかったっけ。

最近になって知ったけど「神宮」って皇族と縁がある神社の事なんですね。なるほど。

2020年はなんだかんだ宇佐神宮、伊勢神宮、霧島神宮と結構訪れてた。いっそのこと制覇してみようかな。

西日が眩し過ぎて景色はちゃんと拝めなかったけど、ちゃんと参拝。

ここも4年ぶりかな?Kも随分と感動していた様子だったので良かった良かった。

やまいもが生地に使われた独特食感のかるかんもまた食べたかったので購入^^

なんとなくクセになる味です。

霧島神宮からも程近い「丸尾滝」

湯の滝として温泉水が集まって滝になっているらしい。ヨルダンのハママート・マイン、また行きたいな。

はしゃぐオジサン。

やっぱり自然が最高やね。

鹿児島最後の食事は国分にある「いちにいさん」で!

豚しゃぶが食べ足りなかった肉食のKの希望を汲んでシメはコチラで。

南九州ドライブ旅、お疲れっした!

Kはもう運転する気ないので←ビールで(笑)

ここはそばつゆに付けていただく豚しゃぶが有名。

最初聞いた時は?ってなったけど、これがメチャクチャうまい。

豚肉も普段あまり食べないけど、鹿児島ではつい食べてしまいます。おかわりまで頼んで悔いの残らないように無心でいただきます。

そばつゆなだけにシメも蕎麦。これがまた美味しいんです。最後までアッサリいただけます。

ここもクーポン使えて一人1000円程度で済みました。

時間的に結構ギリギリになってしまいましたが無事レンタカーも返しANAで羽田へ。

まさか2回連続でGoTo九州するとは思いませんでしたが、二人とも大満足だったので結果オーライです!

Kに至っては完全に鹿児島にハマってしまい、その後一人で再訪してましたw

本気で九州移住を考えつつ、引き続き仕事に励みたいと思います!ではまた!

人気の投稿

1

「ファーストクラス」 世界中のセレブやVIP達が乗っているであろう雲の上の、いや、オゾン層の上の存在。 普通に買ったら200万をも超えるその魅惑のクラスにはどんな「Another Sky」が広がってい ...

2

男を磨くにはまず女心を知らねばならない。 そこで今回は京急電鉄が販売している「葉山女子旅きっぷ」に目を付けた(短絡的) これは切符の名前こそ「女子旅」だが、 なんと俺のような独身33歳のクソメガネ鶏ガ ...

3

バルト三国(リトアニア・ラトビア・エストニア)を実質3.5日間で巡ってきました! バルト三国に決めたきっかけは美女が多いバルト海に面した美しい街並み! 正直、仕事が忙しくて出発ギリギリまで行けるか分か ...

-旅行記, 国内旅行, ドライブ, 鹿児島, 九州・沖縄

Copyright© 旅するしばねこの放浪日記 , 2021 All Rights Reserved.